1. TOP
  2. コラム・エンタメ
  3. 大阪・関西万博に愛犬=ペット入場OKは大丈夫?

大阪・関西万博に愛犬=ペット入場OKは大丈夫?

コラム・エンタメ
この記事は約 4 分で読めます。

2025年に大阪で開催される万博。
さまざまな内容で何かと話題になっていますが、実は大阪・関西万博で、ペット同伴の入場が可能になるという新しい取り組みが発表されました。

「え?愛犬も連れて万博に行けるの?」とびっくりした方も。

特定の条件を満たせば愛犬(ペット)と一緒に万博を楽しむことができるみたいです。

なんか気になったのでちょっと調べてみました。

大阪・関西万博の基本情報

まずは万博の基本情報として。

開催期間

「そもそも大阪万博はいつに開催するの?」

大阪・関西万博は「2025年4月13日から10月13日」まで開催されます。

愛犬が入場できる規約

実はどんな愛犬や飼い主が入場できるわけではありません。

愛犬同伴の入場が認められるのは、以下の条件を満たした場合です。

  • 愛犬同伴は平日のみ
  • 期間は5月中旬から6月中旬の10日間限定。
  • 1日あたり100匹の入場が上限。
  • 犬に限定され大型犬は不可。
  • 事前予約が必要
  • 詳細な健康チェックやワクチン接種証明が必要

まあまあ厳しい条件。期間も短いみたいです。

そしてペット用バギーを利用し、移動中は吠えないようにすることが求められます。

またペット同伴エリアや移動時のルールが厳格に定められています。

なぜ愛犬同伴が議題になっているのか?

この取り組みが議題になった背景には、以下のような理由が。

新しい試み

これまでの万博では盲導犬などの補助犬以外のペットの入場は認められていなかったため、今回の取り組みは画期的です。

もし今回のペット=愛犬同伴入場が実現すれば史上初ということで話題になっているみたいです。

万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」を体現するためにも運営側としては実現したいもの。

「非常に限定された範囲ですが、これまで専門家の議論を重ねてきました。制約はありますが、ペットも家族の一員です」と吉村知事。

ペットツーリズムの推進

近年ではANNが犬同伴のフライト運行も試験的に開催されています。

日本でもペットと一緒に旅行を楽しむ「ペットツーリズム」が注目されており、そのモデルケースとなる可能性があります。

今後、大型テーマパークの開催時に、愛犬同伴可の流れが増えてくる試金石になるかもしれません。

まとめ 課題への対応が肝になりそう

やはりアレルギーや動物が苦手な来場者への配慮、安全性の確保など、多くの課題が指摘されており解決が求められています。

ペット=愛犬同伴の入場が実現することで、万博がより身近なイベントになる一方でさまざまな意見や課題も存在します。今後の動向に注目が集まります。

私個人としては、熱い昼間の時期に愛犬を連れていくことはないかな。
きっと万博も楽しめないし、愛犬の熱中症が心配になっちゃいそう。
駐車場から入口までもいけなく引き返すかも^^;

万博を運営する日本国際博覧会協会は、この取り組みが成功するよう慎重に準備を進めているみたいですね。

興味のある方は公式サイトや最新のニュースをチェックしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

愛犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

愛犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

宮武大輔

宮武大輔

愛犬のミニチュアシュナウザー中心の生活を送りながら犬ラブウェブ/SNSメディアを更新中。愛犬関連事業・ネット集客支援事業も行っている。

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 大阪・関西万博に愛犬=ペット入場OKは大丈夫?

    • ガリガリ君の犬用アイス「ワンワン君」が販売されるよ

    • 知っておくべきペットホテルの選び方

    • 愛犬にりんごのコンポートを作ってみました

    関連記事

    • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

    • 愛犬関係の資格を持っている芸能人まとめ

    • 盲導犬候補の子犬と暮らし始める時

    • コロナウイルスは犬に感染する?

    • 盲導犬候補の子犬のおでかけと留守番の様子

    • 第2回「歯みがき初心者さんが歯みがき前にすべきこと」