1. TOP
  2. 栄養

栄養

  • 魚類メインのドッグフードの特徴

    犬のアレルギーが多用化し、牛や豚だけでなくこれまでアレルギー発症リスクが少ないとされていたチキンやラムさえも食べる事が出来ない犬も増えています。 このような状況に対応すべく魚類メインのドッグフードが誕生しています。 魚類 […]

  • セミモイストタイプの特徴

    ドライフードより食感がやわらかく、嗜好性が高いと一時期店頭に多数並んでいたセミモイストタイプのドッグフード。 半生という表現でピンとくる方が多いでしょう。 最近は、愛犬の健康志向の高まりや歯のケアの観点から売上が低迷し、 […]

  • ウエットタイプの特徴

    ウエットタイプのドッグフードとは缶詰の事を意味しています。 缶詰食は嗜好性が高く、素材そのままの食感を楽しめるという特徴があり、愛犬のご褒美に多いに活用している方も多いでしょう。 しかし、缶詰食を与える事に健康上の不安を […]

  • ドックフードの切り替え方

    好き嫌いや食べムラを予防する為に、ドッグフードの切り替えは最低限に抑えた方がいいというルールは誰もが耳にしたことがあるでしょう。 しかし、実際にはアレルギーの為、より高品質な製品に切り替える為、愛犬の健康管理の為にと切り […]

  • ドックフード添加物が与える犬への影響

    ドッグフードの安全性への関心が高まる中で、添加物の危険性に関する話題も増えています。 添加物が危険だ、無添加ドッグフードを選ぶべきだという風潮があるものの、実際にどのようなリスクがあるのかわからない、添加物がどのようなも […]

  • ドックフードの危険な甘味の名前と影響

    ドッグフードには様々な添加物が配合されています。 その中には甘味の成分もあり、驚かれた方もいるでしょう。 犬の味覚に関する研究が進む中で、犬の舌は甘味を感知する機能がある事が明らかになっています。 犬は甘味をうまみと認識 […]

  • 格安ドックフードの特徴と成分について考える

    ペットショップの店頭に並ぶたくさんのドッグフードを見ると、 どの製品が安全、安心なのか、どの製品が格安と呼ばれる部類に入るのか見極めの難しさを感じるでしょう。 愛犬の健康を考えつつも、価格が気になる事も当然です。 特に中 […]

  • ドックフードの危険な酸化防止剤の名前と影響

    ドッグフードに含まれる危険な成分として酸化防止剤という成分があります。 この成分はドッグフードの酸化を防止する役目を担っていて、製品の品質を保つ上で欠かせない存在です。 しかし犬の健康には好ましい成分ではなく、最近では化 […]

  • ドックフードの保存の正しい行い方

    ドライタイプのドッグフードは完全な乾燥状態にあるうえに、消費期限も一年程と長いので、つい保存について無頓着になりがちです。 通販で購入する場合、大容量の方がお得感があると考え、数か月分の容量で購入される方もいるでしょう。 […]

  • ドックフードの危険着色料の名称と影響

    緑黄色野菜の緑、人参のオレンジ、黄色とドライタイプのドッグフードの粒がカラフルに着色されている場合があります。 缶詰の場合、新鮮な肉の赤い色、真白なささみの色、ジャーキーも美味しそうな肉の色をしています。 ドッグフードに […]

1 2 3 4