1. TOP
  2. しつけ
  3. ペットホテルで過ごすために自宅で行っておきたいしつけ

ペットホテルで過ごすために自宅で行っておきたいしつけ

ペットとの暮らしにペットホテルは欠かせないサービスです。
旅行やレジャーはもちろん家族の体調不良時や来客時にもペットホテルを利用する機会はあります。

でも、ペットホテルは家の環境とは違うので、戸惑った愛犬が以下のようなトラブルを起こす例も少なくありません。

ペットホテルでのトラブル例
慣れない環境なのでずっと吠え続ける
慣れない人に触られてストレスを感じ噛みつく場合もある
知らない犬や猫がいると興奮する
ペットホテルのスタッフと散歩ができない

このように、ペットホテルで愛犬が過度なストレスを感じずに済むことはもちろん、周囲にも負担がかからないよう、日頃からしつけをしておく必要があります。

愛犬がペットホテルで快適に過ごすために実践しておきたい、自宅で行っておきたいしつけを紹介します。
 

ケージやハウス内で静かに過ごせる

実はペットホテル滞在中の犬の中には滞在中に長時間にわたり吠え続けてしまうタイプがいます。

中には夕方から翌日の朝まで鳴き続けたり、スタッフが傍を通りかかるたびに大声で鳴いてしまう犬もいます。

これらの行動は日常と違う環境での不安やストレスから起こる行動で、中には普段はとてもおとなしい性格の犬もいます。

ペットホテルではケージ内滞在が基本です。
行動範囲が限られるうえに、至近距離に見知らぬ犬がいることもあります。

ケージ内が安全で快適に過ごせる場所であることや窮屈なだけではないことをあらかじめ理解させておくと安心です。

家族以外に体に触れられることになれる

ペットホテルでは家族以外の人間が食事の用意はもちろんリードの着脱や抱っこなどたびたび愛犬の体に触れます。

実は人馴れしていない犬の場合、このタイミングで極度の緊張を見せたり、威嚇や噛みつきや暴れを起こすことがあります。

この行為はペットホテルスタッフにとって大変危険なうえ、散歩や食事といった必須のお世話ができない場合もあります。

ペットホテルスタッフが危険と判断した場合は今後の利用を断られてしまうこともあります。

日ごろから家族以外の人間と積極的に対面させることはもちろん体に触れたり、リードや首輪の着脱に慣らしておきましょう。

他犬に吠えたり威嚇をしない

ペットホテルではこれまでに対面したことのない犬猫と同室で過ごし、場合によっては至近距離ですれ違うこともあります。

日ごろから下記のしつけが欠かせません。

無駄吠えをしない
威嚇をしない
犬同士の挨拶の仕方を身に着けておく
マーキングをしない
相手に吠えられても過度に攻撃や反撃をしない
最近はケージレスのペットホテルも増えています。
ドッグランを併設し滞在中にのびのび運動ができるペットホテルも人気です。

このような施設では、犬達が安全に過ごせることを前提に運営がされているので、無駄吠えや威嚇などの危険行為がある場合はケージから出ることも他犬とじゃれ合い遊ぶこともできません。

ペットホテルで愛犬がのびのび楽しく過ごせるように日ごろのから社交性を身に着けておきましょう。

散歩中は引っ張らずに歩く

ペットホテルでは朝夕2回の散歩が定番のサービスです。
実はこの散歩も危険とペットホテルスタッフが判断をした場合は実施できない場合があります。
そのような判断にいたる原因は下記です。

過度に暴れる
歩かない
あまりに強く引っ張り歩く
ペットホテルスタッフの指示や誘導にしたがわない
ペットホテル滞在中の散歩は犬にとって見知らぬ場所での散歩ですから、当然様々な臭いに反応をしてしまいます。
中には自分の関心のある方面へ無理にでも突き進もうとする犬もいます。

しかしペットホテルでは事前に確認済の決められた散歩ルートがあるので、決して犬任せで散歩をすることはできません。

家族以外の人間がリードを持つ場合でも危険な歩行や無理な引っ張りをしないよう日頃からしつけが欠かせません。

ペットホテルはとても便利で欠かせないサービスです

ペットホテルの利用にあたり様々なしつけが必要と知ると、ペットホテルの利用に躊躇されてしまう方もいるでしょう。

でもこれらのしつけは決して難しいものではなく、毎日の生活の中で繰り返し教えることで習得できるものばかりです。

ぜひ繰り返し練習をかさね、安心してペットホテルを利用してゆきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

ライター紹介 ライター一覧

大谷幸代 (愛玩動物飼養管理士・メディカルトリマーetc)

大谷幸代 (愛玩動物飼養管理士・メディカルトリマーetc)

【愛玩動物飼養管理士・青山ケンネルスクール認定A級トリマー・メディカルトリマー・ホリスティックケアアドバイザー・神奈川県動物取扱業訓練 取得済】

大学在学中にイギリスへドッグトレーニングの勉強の為、短期留学。国内最大手のペット関連企業において、生体販売、トリマー、トレーナー、新規事業開発、成田空港内ペットホテル開業に伴うプロジェクトリーダーとして参加、ペット関連用品の開発、雑誌等へコラム執筆など、ペットに関するあらゆる分野を経験。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 犬を飼うことによっておこる良いこと

  • 犬を飼うことによる悪いこと

  • 飼い主のトイレのしつけの心構え

  • 犬のトイレの場所・作り方

関連記事

  • うれしょんって?うれしょんの原因としつけについて

  • 食べ物を隠す犬の心境としつけ対策

  • 犬とリーダー・主従関係の考え方

  • 飼い主の心理状態を犬は読み取っているの?

  • 飼い主不在時の分離不安のしつけと対策

  • 成犬からのしつけは可能?成犬になってからのしつけで注意する事は?