1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. ボーダーコリー

ボーダーコリー

犬種一覧 この記事は約 5 分で読めます。

ボーダーコリーについてのまとめページです。
抜群に賢くて飼い主さんの言う事をよく聞いてくれるのが魅力です。
適切な運動量と正しいしつけをしなければいけないので注意も必要です。

英語表記 Border Collie
原産国 イギリス
平均体重 14kg~20kg
平均体高 48cm~58cm
体型 中型
色の種類 ブラック、レッド、チョコレート、ブルーなどにホワイトが入る

nbsp

性格・魅力

ボーダーコリーは犬の中で知能はトップと言われているボーダーコリー。
文武両道で運動も好きですが、人間と一緒に作業をすることが大好きな犬です。

活発で明るく、愛情深いのが特徴です。
集中力があり、人間の言葉は数百個であれば個体によってはおぼえてしまうものもいます。

人間でもクラスに1人はいる優等生、犬界ではボーダーコリーがそんな感じです。

とにかく仕事が好き、訓練が好きなので賢く知能が高いことが一番の魅力でしょう。
また運動することも大好きですから犬と一緒にアクティブに生活したい人に向いています。

小さい時からきちんとしつければ人と深い絆で信頼関係が持てる犬種です。
大きめの犬を飼う時に悩んでいるなら賢いボーダーコリーが飼いやすいでしょう。

nbsp

歴史・起源

ボーダーコリーはイギリスで牧畜犬として活躍してきました。
当時の繁殖家が見た目よりも作業能力を高めるための繁殖活動を行ってきたため、知能が高くなったとされています。

牧羊犬として活躍した後、ドッグショーでもその運動能力の高さを見せつけます。
それがきっかけとなり、アメリカやその他の国でも大人気となっていきました。

nbsp

外観・お手入れ

ボーダーコリーは骨格がしっかりとしており、被毛は濃いのが特徴です。
プロポーションは首から腰に掛けてなめらかな曲線を描いており、しなやかでタフな体形をしています。

被毛はスムースタイプとラフタイプの2種類で、ラフタイプは少しパーマがかかった被毛が特徴です。
毛色が豊富で白×黒が有名ですが、他にもトライカラーやマールもあります。

ボーダーコリーは2種類の毛質がありますが、どちらもダブルコートなので下毛が抜けます。
こまめにブラッシングをして抜け毛処理を手伝ってあげましょう。

被毛が濃いので抜け毛の量がかなり多いですから、室内で飼う時には掃除をこまめに行わなければならない場合もあります。

シャンプーは月に1度程度で構いませんが、皮膚炎対策のためきちんと乾かしてください。

nbsp

運動・散歩

ボーダーコリーの元々は牧羊犬ですからかなり活発です。
運動量は必要なので、散歩は1日に1時間以上は行ってあげたいですね。

またボーダーコリーは体と頭を同時に使うという事が好きな犬種なので、フライングディスクなどの遊びの要素や知的好奇心を育てる運動が必要です。
犬とどんな遊びができるか、飼い主がそれを探求する力が必要です。

nbsp

気質

ボーダーコリーは頭が良く好奇心や探求心に長けており、状況判断にも優れた犬です。
集中力がありますが、興味があるものを気が済むまで追いかける追跡行動が見られるので、子供や他の犬を怖がらせてしまうケースもあります。

また自転車やバイクなどをとっさに追いかけることがあるため、事故にならないよう気を付けましょう。

知らない人や動物には警戒するというよりも、 関心をあまり示しません。
頭が良いからと言ってイコール飼いやすいという訳ではありません

運動量が足らなかったり、持っている知的好奇心を存分に生かす生活でないとストレスがたまり吠えます。
時には人間を下に見てしまう事もあるので、しつけはきっちり行いましょう。

信頼関係があれば無駄吠えするような犬ではありませんが、運動量の面から見ても都会よりは田舎の方が適しています

nbsp

一緒に生活する中のしつけや注意事項

ボーダーコリーの頭は良いですが、活動量が多いため子犬時代からしつけを行わないと人間の方が制御不能になってしまう事もあります。

人の命令を聞いたり、指示されることが元々好きなのでしつけ自体に手を焼くことはそんなにありません。
室内で飼うのにも適していますが、マンションよりはある程度庭があったり動き回れる戸建ての方が向いています。

nbsp

健康・気を付けたい病気

ボーダーコリーについて詳しく掘り下げていきましょう。
nbsp

股関節形成不全

遺伝的な要因が考えられており、股関節が変形したりうまく形成されないことで歩行に異常が見られる病気です。
中型犬、大型犬に多い病気です。

症状

座り方や歩き方がおかしい。
足を痛がったり、引きずったりします。

対策・予防

肥満を防ぎ、子犬時代から成長に合った栄養素がとれる餌を選んであげる事が大切です。
犬の様子を普段からチェックし、おかしいと思ったらすぐに検診をしましょう。

nbsp

セロイドリポフスチン病

脳の中にたまったいらないものを排出できなくなり、それが脳神経を侵してしまう遺伝病の一種です。
ボーダーコリーは1歳から3歳程度で発症すると言われています。

症状

健忘症や認知症を発症する。
ふらつきや錯乱状態を起こす。

対策・予防

遺伝性の病気であり予防することができません。
また発症すれば100%死んでしまうので、治療法は確立されていません。

ボーダーコリーを飼う時にこのような病気があることを知っておき発症しても落ち着いて、とっさの対処ができるように覚えておくと良いでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • ミニチュアシュナウザー

  • シベリアンハスキー

  • ブービエデフランダース

  • 甲斐犬

  • シェットランドシープドッグ(シェルティ)

  • プチブラバンソン