1. TOP
  2. 犬にタンポポ茶を飲ませても大丈夫?

犬にタンポポ茶を飲ませても大丈夫?

道端で可愛らしく咲いている黄色い花のタンポポ。
タンポポ茶とはどのようなお茶なのでしょうか。

また、タンポポ茶を犬に飲ませても大丈夫かという事についてお伝えしようと思います。

 

タンポポ茶とは、どんなお茶?

タンポポはキク科の多年草の花です。
別名を「タンディライオン」と呼ばれています。

街の中の道路で、アスファルトの亀裂部分からでも花を咲かせ、その根は地中30cm以上と、地下に長い根を張り巡らせます。

特別、手入れをしていなくても自然に自生し、その生命力の強さの秘密が、地中に深く埋まった根にあると言われています。

その、タンポポの根と葉を乾燥させ作られたものが「タンポポ茶」です。

 

タンポポ茶の栄養素

タンポポ茶に使用されるセイヨウタンポポには、ミネラルとビタミンが豊富に含まれています。
タンポポ茶は葉と根の部分で部分によって含まれている栄養素が違います。

葉の部分には、ビタミンAやB群、CやDのビタミン類が含まれています。
また、豊富なカリウムが含まれているので、老廃物や余分な水分を体外へ排出する利尿作用にとても優れています。

特にビタミンAはニンジンよりも多く含まれていると言われています。
また、根の部分には、

  • イヌリン
  • タラキサンシン
  • フェノール酸
  • 配糖体
  • コリン

等、さまざまな成分が含まれています。

 

タンポポ茶の身体への影響や効果

タンポポ茶には、どのような効果があるのでしょうか。
特にタンポポの根から作られるタンポポ茶には、たくさんの効能があると言われています。

 

毛細血管拡張作用

タンポポ茶を飲むと、毛細血管が広がって血行が良くなります。
血行が良くなる事で、冷えも改善され、冷え性が改善すると栄養が体のすみずみまで行きわたり、新陳代謝が活発になります。

また、代謝が活発になると老廃物の排出もスムーズになりデトックス効果も高まり、利尿作用が高まるため、肌荒れやむくみの解消にもつながります。

 

肝機能改善

また、成分のタラキサシンには胆汁の分泌を促進する効果があります。
ストレスやアルコール等により、機能が低下した肝臓の解毒機能を高めます。

 

血糖値の上昇抑制効果

根の部分に含まれる成分イヌリンにより糖質の吸収を遅くし、食後、血糖値の上昇を緩やかにして血糖値を下げてくれる効果が期待できます。

そして、また腸内の善玉菌であるビフィズス菌の増殖を助けるため、腸内環境が改善して便秘解消の効果もあるようです。

 

女性ホルモン分泌作用

タンポポ茶に含まれている成分が、女性ホルモンのひとつのエストロゲンの量を増やす。と、いう結果が出ているようです。

 

タンポポ茶の犬への影響や効果

タンポポ茶はカフェインを含まないお茶なので、犬に与えても平気な飲み物だと思われますが、タンポポはキク科の植物です。

キク科の植物には、中毒症状を起こしてしまう場合もあるので、与える際には慎重に与えた方が良いでしょう。

大丈夫な時には、タンポポ茶には解毒作用があるので、肝臓や腎臓を患っている子に少しでも症状が和らぐように、効果が期待できそうです。

 

与える場合どのように与えるか

犬に与えてみる場合には、いきなりそのまま飲ませてみるのではなく、まずは3倍くらいに水で薄めて舐めさせてみましょう。

そして、飲ませた後、特に初めの内は体調に変化がないかよく様子を見てあげましょう。

タンポポ茶の味は苦味があるようです。
犬は苦い味が苦手な子が多いので、決して嫌がっているのに無理に与えないで下さいね。

 

まとめ

タンポポ茶にはデトックス効果や利尿作用があるので、体質に合えば、腎不全や肝臓病、糖尿病の子に飲んで効果を期待したいですね。

薬ではなく、できれば副作用の無い食事や飲み物等から効果が期待できる物を取り入れてあげられると飼い主さんも嬉しいですからね。

ただし、病気がある子に与える場合には獣医さんと相談しながら、よく様子を見て与えてみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

犬のしつけ・飼い方・情報が学べる総合サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬のしつけ・飼い方・情報が学べる総合サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

本当に良いドックフードを選んでいますか?

ドックフード

ライター紹介 ライター一覧

佐藤育美 (ペット栄養管理士、ペット食育協会入門講座受講)

佐藤育美 (ペット栄養管理士、ペット食育協会入門講座受講)

「安心できる食事をさせたい」という気持ちから犬の食について学び、ペット栄養管理の資格を取得。

私が初めて犬を家族に迎えたのは小学生の時、とても愛らしく大切な存在ができた感触を覚えています。現代の犬との暮らしは旅行等も一緒に楽しめる環境で更に一心同体の存在です

この人が書いた記事  記事一覧

  • 犬に牛乳を飲ませても大丈夫?

  • 犬に柚子茶を飲ませても大丈夫?

  • 犬に昆布茶を飲ませても大丈夫?

  • 犬に玉露を飲ませても大丈夫?

関連記事

  • 犬に甘酒を飲ませても大丈夫?

  • 甜茶を犬に飲ませても大丈夫?

  • 犬にハーブティーを与えても大丈夫?

  • 犬にトマトジュースを飲ませても大丈夫?

  • 犬に麦茶を飲ませても大丈夫?

  • 犬にりんごジュースを飲ませても大丈夫?