1. TOP
  2. 犬にほうじ茶を飲ませても大丈夫?

犬にほうじ茶を飲ませても大丈夫?

ほうじ茶とは、煎茶・番茶等を強火で煎ったもので、独特な香ばしさがあります。
ほうじ茶とはどのようなお茶なのでしょうか。

また、犬がほうじ茶を飲んでも大丈夫か。と、いう事についてお伝えしようと思います。

 

ほうじ茶とはどんなお茶?

ほうじ茶は緑茶の一種です。
緑茶をきつね色になるまで炒って、香ばしさを引き出したお茶の事を言います。

ほうじ茶は緑茶を焙煎するので、緑茶と比べると旨みや苦味、ビタミンCの含まれている量が少ないお茶になります。

味は特有の香ばしさがあり、苦みや渋みも少なく、口当たりもあっさりしています。
また、刺激が少なくて胃にやさしいため、食事中や食後のお茶にも向いています。

 

ほうじ茶の栄養素

ほうじ茶は日本茶の種類のひとつなので「カテキン」が含まれます。
また、ビタミンC、ビタミンE、テアニン、クロロフィルが多く含まれています。
 

ほうじ茶の身体への影響や効果

では人間の場合はほうじ茶の成分はどう影響するのでしょうか?
 

ビタミンC、ビタミンE

若さ・健康の維持

ビタミンには皮膚や粘膜の健康維持があると言われています。
また、ビタミンEには酸化防止(ガン・老化予防)効果があり、ビタミンEが足りないと細胞が弱ってしまいます。

しかし、ビタミンは一日の吸収量が決まっています。
そのため、一度にたくさん摂取しても排出されてしまうので、一気にたくさん飲むよりも定期的に毎日飲む事をおすすめします。

 

テアニン

リラックス効果

テアニンは、基本的には玉露や抹茶に多く含まれているのですが、それと同時に緑茶である玉露、抹茶に多く含まれていて、カフェインも多く含まれます。

ほうじ茶が作られる葉は、比較的安価なお茶の原料となるお茶の葉が多く、ほうじ茶の葉は緑茶を炒り熱を加えている物なのでアミノ酸の一種であるテアニンは、ほとんど壊れて無くなってしまうようです。

 

クロロフィル

消臭効果

ほうじ茶はクロロフィルを含んでいるため、強い消臭効果があると言われています。

そのため掃除のとき等、タオルにほうじ茶を湿らせてから拭くと消臭効果が長続きするそうです。
ほうじ茶は飲む以外でも、掃除や靴が臭いが気になる時等に活躍できます。

 

カテキン

ダイエット効果

カテキンを摂取することで、脂質・糖質の吸収を抑えられ、共に体脂肪を燃焼してくれる効果があります。

殺菌作用

他にもカテキンには殺菌効果があるので、虫歯や口臭の予防、風邪やインフルエンザの予防効果が期待できます。
お茶でうがいをすると良いと言われているのは有名ですね。

高血圧、高血糖等の改善

体内で、善玉コレステロールを増加させ、悪玉コレステロールを減らし、糖質の分解を邪魔して糖質の体内
への吸収を抑えてくれるため、高血圧や高血糖を予防します。

 

犬への影響や効果

良い効果がたくさん期待できるほうじ茶ですが犬に与えても大丈夫なのでしょうか。

ほうじ茶には、犬の身体に害を及ぼしてしまう成分が含まれているので与える事はやめておきましょう。

 

特に注意すべき成分

気をつけなくてはいけない成分は、カフェイン・シュウ酸・カテキン・タンニンです。

犬にとってカフェインは、中毒を起こしてしまう可能性があり、興奮や痙攣、頻尿、嘔吐や下痢といった症状を起こす可能性があり、最悪の場合、亡くなってしまう場合もあります。

ほうじ茶は緑茶等と比べてカフェインの含有量が少ないと言われていますが、わざわざ犬に与えない方が良いと思います。
やめておきましょう。

 

飲ませる以外の活用法

犬にほうじ茶を飲ませる事はおすすめしませんが、ほうじ茶には消臭効果があります。

愛犬の使用済みのおトイレシートを捨てるゴミ箱の底等、ちょっと臭いの気になる場所へお茶パックに詰めたほうじ茶やティーバックを置いてみるのも消臭効果が期待できると思います。

科学的な薬剤が使用されているような消臭剤を使うよりも身体に優しく消臭できたら嬉しいですね。
しかし、愛犬が口にしてしまわないように気をつけて下さいね。

 

まとめ

人間には飲む事で身体に良い効果が期待できるほうじ茶ですが、犬には中毒を起こしてしまう可能性があるため飲ませることはやめておきましょう。

しかし、ほうじ茶には除菌や消臭効果が期待できるので、口にさせない方法で上手に生活に取り入れていけると嬉しいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

犬のしつけ・飼い方・情報が学べる総合サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬のしつけ・飼い方・情報が学べる総合サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

本当に良いドックフードを選んでいますか?

ドックフード

ライター紹介 ライター一覧

佐藤育美 (ペット栄養管理士、ペット食育協会入門講座受講)

佐藤育美 (ペット栄養管理士、ペット食育協会入門講座受講)

「安心できる食事をさせたい」という気持ちから犬の食について学び、ペット栄養管理の資格を取得。

私が初めて犬を家族に迎えたのは小学生の時、とても愛らしく大切な存在ができた感触を覚えています。現代の犬との暮らしは旅行等も一緒に楽しめる環境で更に一心同体の存在です

この人が書いた記事  記事一覧

  • 犬に紅茶を飲ませても大丈夫?

  • 犬にほうじ茶を飲ませても大丈夫?

  • コーヒーを犬に飲ませても大丈夫?

  • 犬に緑茶を飲ませても大丈夫?

関連記事

  • 犬が日本茶を飲んでも大丈夫?

  • 犬に甘酒を飲ませても大丈夫?

  • 甜茶を犬に飲ませても大丈夫?

  • 犬にハーブティーを与えても大丈夫?

  • 黒豆茶を犬に飲ませても大丈夫?

  • 犬にタンポポ茶を飲ませても大丈夫?