1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. カーリーコーテッドレトリバー

カーリーコーテッドレトリバー

犬種一覧 この記事は約 6 分で読めます。

カーリーコーテッドレトリバーのまとめページです。
大型犬の中でも飼育しやすい犬種で、飼い主さんの言う事をよく聞きます。毛のお手入れも比較的簡単です。

英語表記 Curly Coated Retriever
原産国 イギリス
平均体重 32kg~36kg
平均体高 64cm~69cm
体型 大型
色の種類 ブラック、レバー

性格・魅力

カーリーコーテッドレトリバーは見た目もそうですが、中身についても知性があり上品で落ち着いた性格をしています。友好的で飼い主に対する愛情も深いので、
大型犬が初めての人でも飼いやすい犬種です。獲物の回収犬として活躍していたので勇敢な面を持っていますが、基本的に優しく繊細でおとなしいという印象を受けます。アウトドアが大好きなので、外出するのが好きな家庭に向いています。ピンとまっすぐに伸びた尻尾やすらっとした体つきは優雅さや気品にあふれています。

魅力ポイント
カールした被毛も可愛らしく、従順で賢そうな顔つきが魅力です

知性があるのでしつけがそんなに難しくないところや、被毛のお手入れに手間をかけなくても美しい被毛を保てるのが人気を集めています。他の犬ともフレンドリーに接するので、他の動物がいる家庭でも飼うことができます。

歴史・起源

レトリバー(回収犬)の中でも最も古いと言われているのがこのカーリーコーテッドレトリバーです。イギリスでも鳥の猟犬として最も活躍してきた犬種の一つです。
19世紀ごろにプードルと交配し、陸だけでなく水の中の猟もできる犬になりました。特有の巻き毛は植物のトゲから身を守ったり、水の中でも動けるよう保温の役割をしています。

外観・お手入れ

カーリーコーテッドレトリバーは猟犬としての俊敏な動きができるよう、全体に均等についた筋肉が特徴的です。
たれ耳で尻尾はピンとまっすぐ立っており、足もすらっとしています。全体的にバランスのとれた体つきをしており、首から背中にかけて緩やかなカーブを描いています。
被毛は全体的に特徴のある巻き毛で、毛色はブラックかレバーの単色のみ認められています。巻き毛が密集して生えているのですが、シングルコートでお手入れ自体は簡単です。とはいえ換毛期には多く毛が抜けるのでその時は毎日ブラッシングがかかさず行いましょう。
普段は週に2,3回程度はブラッシングを行い、シャンプーは水に入った後は巻き毛を伸ばさずそのまま生かしながらドライヤーで乾かしてあげてください。

運動・散歩

カーリーコーテッドレトリバーは運動や散歩は大好きですので、毎日朝晩できるなら1時間程度は外に連れ出してあげましょう。
カーリーコーテッドレトリバーは泳ぐのも得意なので水にボールを投げて回収させたり、という遊びが大好きです。できる環境ならばしっかりと安全を確保したうえで行ってください。回収犬なので、ボール以外にもフリスビーやアジリティのドッグスポーツも向いています。

気質

カーリーコーテッドレトリバーは活発で猟犬ですから獲物を回収する能力は高い犬種です。
外ではそんな感じですが、家に帰ってくれば比較的穏やかで主人と一緒に寄り添っているような犬です。他の犬や知らない人でも友好的ではありますが、警戒心は強いほうなので相手によっては距離を置いて接することがあるでしょう。洞察力があり、絆が深まれば飼い主のしてほしいことが判断できる犬になってくれます。
性格も猟以外は穏やかなので、吠えるような犬種ではありません。個体によっては警戒心が強いためそれで吠えるあっても、無駄吠えにつながることはそんなにないでしょう。知らない人が来ても吠えては駄目だということをしっかりとしつけていれば問題ありません。賢いのでしつけやすく、初心者でも飼うことが困難な犬ではありません。

一緒に生活する中のしつけや注意事項

カーリーコーテッドレトリバーは呑み込みが早く、言われたことは忠実に守ろうとする犬なので、しつけさえきちんと行えばてこずるということはないでしょう。
ただ繊細な面がありますので、叱ったり力や大声などで押さえつけながらのしつけは逆効果です。怖がってストレスを抱えてしまわないよう、持っている長所を生かしたり褒めて育てるやり方が向いています。

健康・気を付けたい病気

カーリーコーテッドレトリバーについての気を付けたい疾患と対策についてご紹介しています。

股関節形成不全

股関節が正常に形成されていないために、歩行に異常が起こる病気です。先天的な物をはじめ、環境が原因で起こることもあります。

症状

元気がなく、散歩を嫌がる。腰を振って歩いたり、足を引きずるなど。

対策・予防

子犬時代から年齢に合ったフードを食べさせてあげ、肥満にならないように気を付けましょう。治療方法は犬の年齢や体重によっても変わってきます。薬で痛みを取りながら進行を抑える処置が一般的です。

胃捻転

胃の中が食べたものやガスによって膨れてしまい。それが原因で胃がねじれてしまう病気です。カーリーコーテッドレトリバーのように胸が深い大型犬がなりやすい病気です。

症状

お腹が膨れている。水を沢山飲み、呼吸が苦しそう。

対策・予防

食事は1回に沢山与えるのではなく、何回かに分けてドカ食いを防ぎましょう。病院では点滴を打ったり、胃にチューブを入れガスを抜くなどの処置が行われます。発見が遅れると命の危険性があるので、食後はしっかりと休ませて様子を見守りましょう。

カーリーコーテッドレトリバーと生活している有名人

現在は芸能人の方は確認できず。

その他、芸能人が飼ってる犬のまとめページに一覧が掲載されています。
→犬を飼っている芸能人ランキング

まとめ

カーリーコーテッドレトリバーに関する情報でした。

外見も中身も知性を感じられ、とても上品で落ち着いた性格をしています。
友好的で家族に対する愛情も深いので、大型犬が初めての人でも飼いやすい犬種でしょう。頭が良いのでしつけがそんなに難しくないと言われ、また、巻き毛が密集して生えてますがシングルコートなのでお手入れは簡単です。

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • トイプードル

  • 紀州犬

  • 四国犬

  • チベタンスパニエル

  • ウエストハイランドホワイトテリア(ウエスティ)

  • セントバーナード