1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. フラットコーテッドレトリバー
スポンサーリンク

フラットコーテッドレトリバー

犬種一覧 この記事は約 5 分で読めます。

フラットコーテッドレトリバーについてのまとめページです。
元は猟犬として活躍していましたが、しつけもしやすく飼いやすいのが特徴です。
明るく楽しい家族の大事な一員になるでしょう。

英語表記 Flat Coated Retriever
原産国 イギリス
平均体重 27kg~36kg
平均体高 59cm~62cm
体型 大型
色の種類 ブラック、レバー

 

犬ラブYouTubeチャンネル

性格・魅力

フラットコーテッドレトリバーは楽天的で陽気、いつも明るく尻尾を振っているのがこの犬種の特徴です。
人だけでなく他の動物に対してもフレンドリーで愛想が良いです。

元々猟犬タイプなので何か気に入ったものを持って帰ってくる習性があり、それを生かしたフリスビーやボール遊びをしてあげると喜びます

楽天的でいつもテンションが高くやんちゃな子供のような性格をしています。
犬と明るく楽しい暮らしがしたいならこの犬種はもってこいでしょう。

毎日アクティブに活動するのが好きな人には動くのが好きなフラッティとの相性は抜群です。

周りの状況や飼い主の事をしっかりと観察していてそれに合わせて自分も行動するという賢い犬種です。
尻尾を振って愛嬌を振りまく姿は非常に魅力的です。

 

歴史・起源

フラットコーテッドレトリバーはイギリス生まれの犬種で元々巻き毛が特徴だったウェービーコーテッドレトリバーや、古い時代のラブラドールレトリバーが祖先だったのではないかという説がありますが、まだはっきりとは分かっていません。

山に入って鳥猟をする際に水の中にも入っていける犬として活躍しました。
ラブラドールやゴールデンの人気に押されて人気があまりなかったのですが、終戦後はまた違った魅力があるとして家庭でも飼われるようになりました。

 

外観・お手入れ

フラットコーテッドレトリバーは同じレトリバー種であるラブラドールよりも一回りこじんまりとした印象がありますが、それでも猟犬さながらの筋肉はしっかりとついています。

たれ耳が特徴的で、長くストレートで綺麗なツヤがある被毛を持っています。
また頭部は少し長めでバランスのとれた目鼻立ちをしており、華麗で優雅、動きに軽やかさがあります。

お手入れはダブルコートなのですが被毛はストレートですのでそんなに大変ではありません。
ブラッシングは週に一回程度行っておけば良いでしょう。

被毛は長めですので気になるのであれば、たまに美容室でトリミングをしてもらうとさっぱりとして見えます。

手入れは難しくはありませんが換毛期にはやはり抜け毛が目立つので、輝く被毛を保つためにもケアはしっかりとおこないましょう

 

運動・散歩

フラットコーテッドレトリバーはレトリバー種の中でもかなり運動量を必要とするタイプになります。
特にレトリービングという物を持って帰ってくるという回収運動が大好きです。

散歩の際にはおもちゃやボールを持っていって、投げては回収させる遊びを広場でしてあげてください。
散歩は毎日1時間から2時間と長い運動が必要です。

 

気質

フラットコーテッドレトリバーのこの犬種は猟犬でありながらも人の言うことを献身的に守り、自分勝手な行動がないため非常に飼いやすい犬です。
感受性が強く学習能力があるのでしつけも入りやすいでしょう。

ただしかりながらではなく、遊びの中や優しくしつけをしてほめて育てる事が向いています。

テンションがいつも高いので落ち着かなければならないところで静かにできるようなしつけをしましょう。
元々人が好きな犬ですので警戒心から吠えたり、無駄に攻撃性を見せて吠えることはほとんどありません。

活動的な犬ですので運動量が足りていない、毎日が退屈だったりすると犬も人間と同じようにストレスがたまり吠えます。

少々飽きっぽい面があるので指示は短く行い、興奮しすぎる面に気を付ければ吠える心配はそんなにありません。

 

一緒に生活する中のしつけや注意事項

フラットコーテッドレトリバーは学習能力が高く訓練性能もあるのでしつけは難しくありませんが、何回も同じことを繰り返すと飽きてしまう傾向にあります。
しつけを行う時は短いタイミングでしつけるのがポイントです。

日ごろの遊びの中では難しいですが、狩りのような遊びや水の中で泳がせるのも大変喜びます。
子供っぽい面を持っているので行儀良くさせるしつけも行っておきたいところです。

 

健康・気を付けたい病気

フラットコーテッドレトリバーについてご紹介しています。
 

股関節形成不全

成長するにしたがって、股関節に異常がみられる病気です。
関節が不安定になり骨関節症を引き起こします。

症状

症状は軽症から重症まで様々です。
よろめいたり、ふらつきがみられる。
座り方がおかしい。

対策・予防

ブリーダーの慎重な繁殖によりずいぶん減りましたが、遺伝的な病気ですので中年以降の歩行をしっかりと普段からチェックしておくことが大切です。

幼いころから筋肉をしっかりと付けるため運動をさせてください。

 

胃捻転

胃がねじれてしまう病気で食後や激しい運動の後に発症しやすい病気です。
放置すると命の危険性があります。

症状

食べたものを吐いてしまう。
よだれが多くお腹を触ると痛がる。

対策・予防

体形的に胃がしっかりと固定されていない犬種なので、なりやすい病気です。
食後に激しい運動をさせないことが大切です。

またドカ食いや一度にたくさんの食事をさせないようにしましょう。
少しでも様子がおかしい時はすぐに獣医に見せる必要のある、緊急性の高い病気です。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • チャイニーズ・クレステッド・ドッグ

  • ミニチュアブルテリア

  • アメリカンスタッフォードシャーテリア

  • ニューファンドランド

  • フレンチブルドッグ

  • シーズー