1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. パグ
スポンサーリンク

パグ

犬種一覧 この記事は約 5 分で読めます。

パグについてのまとめページです。
明るくて素直な性格が魅力で、飼育しやすい犬種です。
しっかりしつけしなければわがままになるので、注意が必要です。

英語表記 Pug
原産国 中国
平均体重 6kg~9kg
平均体高 25cm~28cm
体型 小型
色の種類 シルバー、アプリコット、フォーン、ブラックなど

 

犬ラブYouTubeチャンネル

性格・魅力

パグの非常に陽気で素直な性格をしています。
ユニークさを持っていて、人と遊ぶのが大好きな性格をしています。

やや頑固な一面を持っていてしつけ次第ではわがままな子になってしまいますが、飼いやすい犬種です。
穏やかで安定しており、あまり神経質ではありません。

友好的なので家族以外の人にもなつきますので、家庭で飼う犬としては理想的な性格だと言えます。

何といっても短くつぶれた鼻がいわゆるブサカワといわれて親しまれており、飼う人が多いのも特徴です。
顔のしわが何か困ったような表情に見えて守ってあげたくなる可愛さが魅力です。

小さいので一人暮らしのマンションなど狭いところで飼えるのもポイント。
番犬としては向いていませんが、室内で一家族として皆から愛されている犬種です。

 

歴史・起源

パグは歴史の深い犬種で古代時代にはチベットなどで大型犬として存在していました。
1600年代にはオランダに持ち込まれ王室公認の犬種となり、ヨーロッパ全体でも人気は高まっていきます。

その後アメリカに広まり戦中戦後に日本にも持ち込まれ広く親しまれました。
王室から富裕層、そして時代を経て一般家庭でも愛されています。

 

外観・お手入れ

パグは小さいながらがっちりとした筋肉質な体格が特徴で抱くとずっしりとしています。
短毛で毛並みはなめらかです。

目は大きくて丸くやや飛び出しており、耳は垂れている場合と短く巻いている耳がありしっぽも同様に巻いています。
顔は平べったく鼻はつぶれて上を向いており顔には深いしわが沢山あります。

口吻が短く呼吸がゼイゼイと聞こえるときがあります
パグは短毛ですがダブルコートなので下毛があり毛の抜ける時期には抜け毛が増えます。

暑いのが苦手なので暑さ対策や皮膚疾患予防としてブラッシングを忘れずに行いましょう。
においは少ない犬種なので、シャンプーは月に一度程度で問題ありません。

ただ顔にはしわが沢山あり、そこに汚れや汗がたまりやすいので顔は布でこまめに拭いてあげるといつもきれいでいられます。

 

運動・散歩

遊ぶのが好きなパグですがそこまで活発ではないためすぐに太ってしまいます。
肥満を防ぐためにも運動はしっかりと行っておきましょう。

散歩は1日に30分程度行き、室内でもじゅうぶんに遊んであげる事が大切です。
ただし暑さには弱い犬種なので、真夏は熱射病を引き起こす可能性も。

夏は長い時間散歩をさせるのは控え、室内で沢山運動をさせて調節してください。

 

気質

パグは愛情深く天真爛漫でどんな環境でも暮らせる順応性の高い犬種です。
人と接するのが好きなのでずっとひとりでいると、ストレスが溜まってしまいます。

コミュニケーションをしっかりと取って遊んであげる事が大切です。
社交性があるので賑やかなところを好み、多頭飼いでも飼える犬種です。

やや頑固でわがままな面を持つのでしつけをきちんと行いましょう。
パグはおとなしいですし無駄吠えはしないので、基本的に吠える犬ではありません。

それどころか初めての人にも人見知りをせず警戒心が少ない犬種なので、番犬には向いていないくらいです。

ただ一度吠える対象だと定めてしまうと、ずっと吠えることがあるのでそんな時は吠える理由を考えてしっかりとしつけましょう。
かまって欲しい気持ちが強い時は嫉妬で吠えることもあります。

 

一緒に生活する中のしつけや注意事項

パグは人が好きな犬種ですから基本的に一緒に暮らすのは簡単なほうです。
しかしやや頑固な面を持っており、その部分できちんとしつけがなされていないとその頑固さがわがままな部分として表に出てしまいます。

駄目な事はだめとしっかりとしつけたうえで愛情をかけてあげましょう。

賢い犬種ではないので何回も繰り返しのしつけが必要です。

 

健康・気を付けたい病気

 
パグについての基本的な特徴についてご紹介しています。
 

軟口蓋過長

軟口蓋過長とは上あごの肉が垂れてくる病気でひどくなると呼吸困難になります。
鼻が短いことで起きやすくなる症状で、鼻腔狭窄と並んで多い病気です。

症状

呼吸をする時にゼイゼイ言いますが、それがひどくなった。
苦しそうに息をしている。
いびきが大きくなった。

対策・予防

パグは短吻種という鼻が元々短い犬種ですので先天的にこのような病気を引き起こすことがあります。

予防は検診であごの肉が垂れているかきちんと見てもらうことが大切です。
呼吸が苦しそうならすぐに切ってもらいましょう。

 

皮膚炎(膿皮症)

しわが多い顔回りの皮膚に雑菌が繁殖して炎症を起こしてしまう病気です。
梅雨時期や高温多湿になりやすい夏になりやすく、治りにくいので一度なると治療に時間がかかります。

症状

皮膚に赤いぶつぶつができる。
非常に強いかゆみが特徴でとにかくかゆがる。

対策・予防

しわの多い顔回りはこまめに綺麗な布で拭いて清潔を保つように心がけましょう。
ご飯を食べた後は食べカスやよだれがついているので毎回拭いてあげるほうが好ましいです。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • アメリカンスタッフォードシャーテリア

  • ミニチュアピンシャー

  • コーギー(ウェルシュ・コーギー・ペンブローク)

  • バセンジー

  • アフガンハウンド

  • ノーリッチテリア