1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. ブルドッグ
スポンサーリンク

ブルドッグ

犬種一覧 この記事は約 5 分で読めます。

ブルドッグについてのまとめページです。
外見とは違い、とても明るくておっとしとした性格の犬種です。小さな子供、高齢者がいる家庭でも飼育可能です。

英語表記 Bulldog
原産国 イギリス
平均体重 25kg前後
平均体高 33cm~41cm
体型 中型
色の種類 ブリンドル、レッド、フォーン、ファローの単色またはホワイトとの組み合わせ

 

犬ラブYouTubeチャンネル

性格・魅力

ブルドッグの顔は非常に強面といった顔で一見怖そうな外見をしていますが、外見とは裏腹に陽気な性格をしています。
またタフでおっとりとした静かな面を持っています。

ちょっとの事では物事に動じず、飼い主に対しても甘えん坊で常に一緒にいたいと思う可愛い性格です。
子供と仲良くなれるので小さい子供がいる家庭でも問題なく飼うことができます

大きい頭に短く体を左右に揺らしながら歩く姿、そしていかつい顔をしているのにどんくさい部分もあってそこが魅力的です。
いわゆるブサカワ犬のパイオニア的存在でもあります。

あまり運動を好まない犬種ですので、足腰が弱い高齢者の方でも家で飼うことが容易です。
マスコットという響きが非常に合う犬で、ユニークな立ち振る舞いとおとなしさが魅力の犬種です。

 

歴史・起源

ブルドッグの祖先はイギリス生まれで牛と闘うのを娯楽として見るために作られた、オールドイングリッシュブルドッグが原種と言われています。
その後動物愛護の観点から国全体としても作られなくなり、一時は絶滅の危機になります。

しかし愛犬家によって穏やかな個体を繁殖させるなどの活動により、外見は怖いままですが性格的に攻撃性や闘争心は消された今のブルドッグの姿があります。

 

外観・お手入れ

ブルドッグの重心が低く体つきはがっちりとしていて筋肉質なのが特徴です。
体に比べて頭が大きく、広い肩幅や短い足をしています。

顔はしかめ面でしわが多く、低い鼻、への字になった口が特徴的です。
耳は顔の高い位置でちょこんと立っており先端が少し垂れているローズ耳、被毛はスムースです。

マズルは大きく、獲物をくわえたままでも呼吸ができるような形をしています。
ブルドッグは短毛で被毛は分厚いですがお手入れ自体は楽です。

暑い時期はシャンプーの回数を月2,3回に増やし、パウダーをはたいてあせもや臭いのケアをしてあげましょう。
また顔回りのしわには汚れがたまるのでこまめに布で拭いて、皮膚炎を防ぎます

また口の形状から、よだれも出やすいので普段から清潔を心掛ける必要があります。

 

運動・散歩

ブルドッグは元が運動を必要とする犬種ではなかったので、運動が苦手です。
とは言え全くしないのも筋力が落ちるので1日に20分を朝、晩に行う程度で問題ありません。

また暑さには非常に苦手なので、夏の暑い時期に無理やり散歩をする必要はありません。
外に出る回数を涼しい時間1回とし、あとは家で運動ができるように環境を整えてあげれば良いでしょう。

 

気質

ブルドッグは攻撃性がないのですが、非常に頑固で納得しない部分はてこでも従わない部分が気質としてあります。

またその上におっとりとしているため、指示が入るのに時間がかかります。
少々な事ではぶれない精神面の強さを持っており、我慢強いため子供にしつこくされてもそれで怒ったりすることはありません。

ですから初めて犬を飼うという人も、これらの特徴を踏まえておけば飼えます。
番犬には向かないというくらいの静かさなので、ほぼ無駄に吠えることはありません

ただし攻撃性はないものの警戒心はある方なので、知らない人に愛想を振りまく犬ではありません。
少々他の犬に対してライバル心を出すこともありますが、基本的に吠える犬種ではないのでマンションでの室内飼育にも向いています。

運動は苦手でも活動的ではあるのでストレスをためないようにしてあげましょう。

 

一緒に生活する中のしつけや注意事項

ブルドッグの頑固な気質とおっとりとした性格から指示が入りにくい面があります。
ですから小さいころから繰り返しのしつけは当たり前と覚えておきましょう。

何回言っても分からないとさじを投げず、焦らずにゆっくりと教える事がこの犬種に合っています。

また寒さには強いのですが暑さには非常に弱いので、夏場はしっかりとエアコンで気温を調節する必要があります。

 

健康・気を付けたい病気

ブルドッグの疾患や症状についてご紹介しています。

 

チェリーアイ

目頭にあるしゅん膜が腫れ、目の外に出てしまう状態です。
取ってしまうとドライアイの問題もあり、処置の選択が難しい病気です。

症状

目をこすろうとする。
目の内側が赤くはれる。

対策・予防

先天性の疾患ですが、外敵要素でもなるので目が大きいブルドッグはケガなどに気を付けましょう。
軽度の状態で診せに行けば、まずは点眼薬などで対処してもらうのが一般的な治療です。

 

鼻腔狭窄

鼻腔狭窄とは鼻の穴と鼻腔が狭くなる病気です。
ブルドッグのような短吻種に多く、ひどいと呼吸困難になってチアノーゼを引き起こすこともあります。

症状

鼻がグウグウとならす。
呼吸が荒い

対策・予防

鼻腔狭窄が起きやすい犬種であることを自覚し、普段から呼吸が荒くないかとか、いびきの大きさなどしっかりと気を付けておきましょう。
音が大きいなと感じたらすぐに動物病院に診せてください。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • パピヨン

  • イングリッシュポインター

  • 日本スピッツ

  • アフガンハウンド

  • ダルメシアン

  • アメリカンスタッフォードシャーテリア