1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. ブリュッセルグリフォン
スポンサーリンク

ブリュッセルグリフォン

犬種一覧 この記事は約 5 分で読めます。

ブリュッセルグリフォンについてのまとめページです。
警戒するものの、攻撃する意思が弱いため番犬には向かないという犬種です。子供とも仲良く遊べる家庭でも飼育しやすいのが特徴です。

英語表記 Brussels Griffon
原産国 ベルギー
平均体重 3kg~5kg
平均体高 20cm前後
体型 超小型
色の種類 ジンジャーと呼ばれる赤みがかったブラウン

 

犬ラブYouTubeチャンネル

性格・魅力

ブリュッセルグリフォンはかなり人懐っこい性格で飼い主に対して愛情深いのが特徴です。
警戒心はあるもののあまり攻撃性を見せないので、番犬としては向いていません。

明るく元気いっぱいで子供と遊ぶのも大好きな性格をしています。
かといって興奮しすぎて人の話を聞かないといったことがないので理解力も備わった犬種です。

空気の読める犬なので家庭犬としても皆に愛されることは間違いありません。
色々な犬種が混ざったような顔をしており、いわゆるブサカワと呼ばれる部類に入る顔が魅力的です。

映画スターウォーズに出てくるチューバッカはこの犬がモデルとも言われています。

明るさもあり、人見知りをする、またプライドもあるのでどこか人間味のある性格が非常に魅力的だという愛犬家もいます。

感受性の豊かな犬を好む人に向いています。

 

歴史・起源

ブリュッセルグリフォンは15世紀ごろにはネズミ退治のための犬として家庭で飼われるようになっていましたが、その愛らしい顔つきやユーモアある性格から貴族の間でも人気があったようです。

魅力を高めるためにパグやヨークシャテリアなど色々な交配をするにつれて本来のネズミ退治犬ではなくなってしまいました。
しかし引き続き家庭で飼われるようになりました。

 

外観・お手入れ

超小型犬ながらがっしりとした骨格をしています。
小走りで走りも早いのが特徴で、特に後ろ足は筋肉の発達も良くバランスがとれた体つきです。

頭部の毛は他の毛よりも長く、硬いラフタイプと短くツヤがあるスムースタイプの2つがあります。
鼻はペチャっとしており、口元はややあごがしゃくれていますが歯や舌が出ているものはあまり好ましくありません。

被毛はシングルコートですのであまり抜けません。
毛玉になる事もあまりありませんが、毛が細いため絡まりやすいのでブラッシングはきちんとおこなってあげましょう。

週に2、3回はコームとピンブラシでしっかりと皮膚をマッサージしながらとかしてあげましょう。

またグリッピングのため美容室で数か月に一度はお手入れをしてあげるといつも綺麗な被毛を保てます。

 

運動・散歩

ブリュッセルグリフォンは超小型犬なので運動はそこまでしっかりと行う必要はありません。
10分くらいを2回程度おこない、あとは室内で遊びを加える程度でじゅうぶんです。

足はしっかりと発達しているもののやはり華奢ですから、すべると後々足に負担がかかります。
室内で飼う時にはフローリングの場合はマットを敷いてあげて足が滑らないようにしてあげると安心です。

 

気質

ブリュッセルグリフォンは自身に満ち溢れており、大胆な気質を持っています。
喜びは体で表現する人間味あふれた性質の犬種です。

少しプライドが高く機嫌が悪いと気難しくなるところもありますので、あまりわがままや頑固にならないようしつけはしっかりと必要です。

とはいえ判断能力に長けているのでしつけはそんなに難しくありません。
精神的な信頼を求める犬です。

利口なのですが少々生意気で警戒心が強いところもあり、個体によっては吠え癖があるものもいます。
囲いから逃げ出したり木に登ったりと荒っぽさもあります。

社会性を身に着けることに重点を置いてしつけをすれば問題なく、小型ですので都会の住宅密集地でも飼えます。
他の犬や人と沢山コミュニケーションをとりそこから色々学ばせましょう。

 

一緒に生活する中のしつけや注意事項

ブリュッセルグリフォンはシングルコートの被毛なので寒がりな部分があります。
室内では適温で飼い散歩の際には冬なら服を着せたりしましょう。

また愛情深いのですが、肉体的な刺激よりも精神的な信頼関係を好み、人に抱っこされることはあまり好きではありません

自由に動きたがるという気質からそういう面もあるので、遊んだり会話をしてコミュニケーションをとりましょう。

 

健康・気を付けたい病気

ブリュッセルグリフォンについての特徴をお伝えしています。
 

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨とは膝にあるいわゆるお皿と呼ばれる骨ですが、その骨がずれてしまう病気の事です。
小型犬に起きやすい病気でブリュッセルグリフォンにも起きやすい病気です。

症状

足を引きずるようなしぐさをする。
足を浮かせて地面につけるのを嫌がる

対策・予防

ブリュッセルグリフォンは足は丈夫ですがそれでも滑るというのはよくないので、フローリングの場合はタイルマットを敷いてあげましょう。

遊びの中であまり飛び跳ねさせないようにしてください。

 

二重睫毛

二重睫毛とはまぶたの中にまつ毛が生えてきてしまい、眼球を傷つけてしまう病気です。

症状

常に違和感があるので目をこすったりどこかに擦り付ける動作がみられる。
目が充血している

対策・予防

遺伝的な部分が多いのでおかしいと思ったらすぐに病院に連れていきましょう。
決して自分で抜いたりせずきちんと獣医に見せて、適切な処置をしてもらうことが大切です。

放置すると炎症を起こし角膜炎などに発展するため注意が必要です。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • スコティッシュテリア(スコッチテリア)

  • トイプードル

  • ワイアーフォックステリア

  • ウィペット

  • ダルメシアン

  • ティーカッププードル