1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. アイリッシュセッター

アイリッシュセッター

犬種一覧 この記事は約 6 分で読めます。

アイリッシュセッターについてのまとめページです。
人間になつきやすく、お子さんでも遊べるのが特徴です。とても賢く飼い主さんの言う事をよく聞いてくれます。

英語表記 lrish setter
原産国 アイルランド
平均体重 27~32kg
平均体高 64~69cm
体型 大型
色の種類 マホガニーレッド

犬種の性格・魅力

アイリッシュセッターは人懐っこくフレンドリーで、他の動物や小さい子供と一緒に仲良く遊べる性格です。
忍耐力もあり従順ですが自分の意思もしっかりあり、時に主人をリードするような一面もあるでしょう。高い知能を持つ賢い犬種なので、しっかりしつければ頼もしいパートナーになってくれるでしょう。
主人への優れた忠誠心を示す犬種でもあります。

魅力ポイント
アイリッシュセッターはたくましく優美でありながら、甘えん坊でやんちゃな性格が魅力ですね。
見た目は賢くクールに見えますが、遊ぶのが大好きで子供っぽい面があるため、多くの飼い主から可愛がられるでしょう。高い知能があるため、しっかりしつけられたことは後になっても忘れません。粘り強い訓練が必要になりますが、しっかり訓練されるなら賢く従順な愛犬になりますね。

歴史・起源

アイリッシュセッターについては起源について確かなことは分かっていません。
スパニエル種をセッターやポインターと交配させて誕生したのが、レッドアンドホワイトのイングリッシュセッターであると言われています。1800年頃マホガニーレッドに改良され、現在ではこの色の犬種が主流になっています。主に鳥猟で大きな役割を果たしてきた歴史があります。

外観・お手入れ

アイリッシュセッター外観は直毛で美しく伸びたマホガニーレッドの被毛が特徴です。スッキリとした体型でありながら、引き締まった筋肉が美しく人目を引きます。
直毛の被毛が風になびく様子がとても優美で、耳や尾にある長めの被毛も全身のバランスと良く調和しています。美しく艶のある黄金のような赤毛が、アイリッシュセッターの最大の特徴でしょう。長めの直毛でからまりやすい傾向にあるので、丁寧に優しくブラッシングする必要があります。散歩に出かけた後は、被毛に草や小枝などが絡まっているかもしれません。丁寧に取り、ピンブラシで全身をブラッシングしましょう。美しい被毛が最大の魅力ですので、定期的にトリミングをして美しい外観を保つことが大切でしょう。

運動・散歩

アイリッシュセッターは元々は狩猟として用いられてきた犬種ですので、十分な運動を必要とします。
美しく引き締まった筋肉が全身に付いているので、その体型を維持するためにも定期的に運動させるのが良いですね。散歩は1日2回させ、1回につき1時間ほどかけると満足するでしょう。広い原っぱでフリスビーなどをして駆け回って遊ぶのも大好きですよ。

気質

アイリッシュセッターはいつもエネルギッシュで上機嫌という、周りを明るくしてくれる魅力的な気質が特徴です。
しかしアイリッシュセッターは寂しがり屋な一面もあります。家族と一緒にいるのが大好きなので、長い時間のお留守番は苦手でしょう。甘えん坊なので、たくさん遊んであげると満足しますよ。社交的な気質もあるので、一緒にいる時間を多く作ることができるでしょう。

吠えやすい犬種

アイリッシュセッターは吠えやすい犬種なので、吠える原因を突き止めて対処することができるでしょう。
吠えるのはお腹がすいているからでしょうか?
それとも不安や警戒心の表れでしょうか?
いつもとは違うちょっとしたことで不安を感じることもあるので、愛犬の状況の変化に敏感でありましょう。吠えないよう適切なタイミングでしつけることも大切です。

一緒に生活する中のしつけや注意事項

活動的で体も大きいアイリッシュセッターは大きな動きをすることがあります。攻撃的ではありませんが、
小さい子供と近くで遊ばせる際は注意が必要です。
また狩猟犬の歴史を持つアイリッシュセッターは、見慣れない事柄や物に対して急な反応をする傾向があります。普段からしつけ、散歩の際はきちんとコントロールしなくてはなりません。

健康・気を付けたい病気

アイリッシュセッターについて健康や病気についてご紹介します。

胃捻転

胃が捻じれてガスが溜まる病気です。

症状

ゲップをよくする、食欲低下、お腹が膨れるなどの症状があります。

対策・予防

大型犬のアイリッシュセッターは胃が体内で動きやすく、食後にすぐ運動すると胃が捻じれやすくなります。食べ過ぎや早食いも胃捻転の原因となるので、一度に与える食事は多すぎないようにしましょう。

進行性網膜委縮症

網膜が委縮することで視力が低下し、失明に至ることもあります。

症状

視力が低下します。暗い場所で何かにぶつかることが多くなったり、夜の散歩で足取りがおぼつかなくなるかもしれません。

対策・予防

遺伝性の病気であるので防ぐのは難しいですが、遺伝子検査によって遺伝子変異を持つかを調べることができるでしょう。

股関節形成不全

大腿骨と骨盤をつなぐ股関節に異常が現れる病気です。

症状

姿勢が歪んでくるので、歩くときや座るときに左右に傾いたり、スキップのように歩く症状がみられます。

対策・予防

体重の増加は股関節に負担をかけるので、肥満を避け体重をコントロールすることが大切です。激しい運動も原因となるので、成長期に見合う運動や散歩をさせましょう。

アイリッシュセッターと生活している有名人

現在は芸能人の方は確認できず。

その他、芸能人が飼ってる犬のまとめページに一覧が掲載されています。
→犬を飼っている芸能人ランキング

まとめ

アイリッシュセッターに関する情報でした。

人懐っこくフレンドリーですが、寂しがり屋な一面もある大型犬です。一緒にいる時間を多く作り、たくさん遊んであげましょう。
やはり大型犬なので十分な運動は必要です。散歩は1日2回、1回につき1時間ほどかけることをお勧めします。また、美しく艶のある赤毛が魅力的な犬なので定期的にトリミングをして美しさを保つようにしてください。

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • アフガンハウンド

  • スタンダードシュナウザー

  • アメリカンコッカースパニエル

  • スタッフォードシャーブルテリア(スタッフィー)

  • ゴールデンレトリバー

  • イングリッシュポインター