1. TOP
  2. しつけ
  3. 拾い食いをする犬の原因としつけ

拾い食いをする犬の原因としつけ

家中はもちろん散歩中に拾い食いをする愛犬にお困りではありませんか?

散歩中の拾い食いは有害物の摂取や死亡事故の報告もある危険な行為です。

ごはんは十分に与えているはずなのに拾い食いするのはなぜだろう、どうにか対策できないものか・・・と考えている飼い主さんは、拾い食いの原因と対策を確認してみましょう。

犬が拾い食いする原因としつけのポイント
犬はお腹がいっぱいだと感じることができない!
犬種によっては食欲旺盛で拾い食いしやすい傾向がある
犬に有害な物を食べてしまうリスクがある
飼い主の目が届かない場所は要注意
拾い食いしたものを無理に取り上げるのはNG
くわえて離さないなら鼻をふさぐ対処がおすすめ
拾い食いをしそうになったらオヤツで注意をひく

このように万が一の事故を防ぐためにも、拾い食いをする原因と対策を知っておくことが大切です。

愛犬のためにも拾い食いをしてしまう原因と効果的なしつけ方を身に着けておきましょう。
 

拾い食いの原因は犬が常に空腹状態だから

自宅で十分に食事を済ませた後でも散歩中に熱心に臭いを嗅ぎながら歩き、落ちている食べ物を瞬時に口に入れてしまうことがありませんか?

この行動の原因は犬の脳内に満腹中枢がないからこそ起こります。

犬には人間や猫が感じる満腹という感覚を認識する脳内の機能がありません。
つまりどんなにお腹いっぱいに食べても、直後に目の前に食べ物を置かれたり、臭いを嗅ぐと勢いよく食べようとします。

これは犬の脳が犬に常に満腹であるという感覚をもたらしているからです。
残念ながらこの点はしつけでコントロールをすることはできません

ビーグルやレトリバー種、ブルドッグ系は要注意

犬の脳内機能では常に空腹を感じているものの、小型犬の大半は少食や偏食に悩んでいます。
半面で過度な食欲に悩んでいる飼い主さんもいます。

犬がペットとして暮らす中で本来の習性に個体差があるものの、たとえ少食や偏食気味な愛犬でも拾い食いへの油断は禁物です。

もちろん下記の犬種はより強い注意を払ってください。

ビーグル
ラブラドールレトリバー
ゴールデンレトリバー
コーギー
ダックス
フレンチブルドッグ
パグ
これらの犬種は食欲が旺盛で食べ物への強い執着を見せます。
嗅覚がすぐれているので、散歩中のかすかな食べ物の臭いも瞬時に察知します。

拾い食いには特に注意をしましょう。

拾い食いを予防するには散歩道の選び方が大事

犬の拾い食いは脳内機能に原因があるので、なかなか散歩中に完全に予防することはできません。

愛犬が草むらで臭いを嗅いでいる場合でも、他犬の痕跡を確認しているのか落ちている食べ物を探しているのか見分けがつかないこともあるでしょう。

でも拾い食いには下記の様な危険が潜んでいます。

腐敗している
犬に有害な毒物などが混入されている
梱包材のビニールごと愛犬が飲み込んでしまう
愛犬のアレルギー物質である
少量であっても摂取することで愛犬が命の危険にさらされる場合もあるので注意しましょう。

散歩道は飼い主の目が届くルートを選ぶ

愛犬を拾い食いから守るためには、無暗に草むらや飼い主の目が届かない場所へ立ち入らせないことが基本です。
公園内であっても、草むらなどは注意をしましょう。

夜間や視界が悪い時間帯に散歩に連れ出す場合は、懐中電灯を持参し愛犬が何に関心を示しているのかや愛犬の歩く先に不審物がないかを常に意識しておきましょう。

愛犬が臭いを嗅ぐ仕草にいつもと違う様子を感じた時は即座に愛犬をその場から遠ざけましょう。

拾い食いに無理やりの対応は逆効果

愛犬が拾い食いをしてしまった時は、その場で愛犬の口を無理にこじ開け、取り上げようと考えてはいけません

愛犬にとって拾い食いをした物は大切な食べ物であり、宝物だと感じています。
せっかく手に入れた宝物を家族が無理やり取り上げようとすれば、愛犬は焦って無理にでも飲み込んでしまいます。

この行為も拾い食いを悪化させ愛犬の命を危険にさらす結果を招きます。

愛犬が万が一拾い食いをした時は、物々交換が効果的です。

愛犬に大好物のオヤツを見せ、口を開けオヤツを食べるように促します。
口を開けてくれれば、自然と拾い食いをした物を口から放し回収することができます。

すでに口に異物を咥えている時は鼻をふさいで

すでに口内に入っている、愛犬が食いしばっている場合は、無理に口を開けるのではなく愛犬の鼻の穴をふさぐという方法が効果的です。

鼻をふさがれたことで愛犬は息苦しさを感じ歯を食いしばる力が抜けます
結果的にスムーズに拾い食いした物を回収できます。

飼い主に無理やり回収されると愛犬が学んでしまうと、次からは飼い主に気がつかれないように瞬時に飲み込んだり、背を向けたままで完食をしてしまうこうと犬は考えます。

飼い主が正しい対処法を知っておくことが愛犬の命を守ることにつながります。

散歩時はオヤツをタッパーに入れ持ち歩くと効果的

食べ物の臭いを察知し、拾い食いをしようとしている愛犬を無理やりコントロールするのはプロでも至難の業です。

このような場面でスムーズに愛犬の安全を守るために、散歩の時は必ず愛犬のオヤツをタッパーや袋に入れ持参しましょう。

愛犬が落ちているものに関心を示した時は、タッパーや袋を振ってオヤツがあることを愛犬に気づかせます。
愛犬がオヤツに注意を向けたら、その場から遠ざかりお座りをさせ、オヤツを与えましょう。

この方法なら愛犬を叱ることも、力任せに愛犬をその場から遠ざける必要もありません。
お互いがスムーズに拾い食いを回避することができます。

拾い食いはいつどんな場面で起こるとも限らない危険な状況です。
愛犬との散歩はもちろんカフェやドッグランなどどこへ出かける時も注意しましょう

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大谷幸代 (愛玩動物飼養管理士・メディカルトリマーetc)

大谷幸代 (愛玩動物飼養管理士・メディカルトリマーetc)

【愛玩動物飼養管理士・青山ケンネルスクール認定A級トリマー・メディカルトリマー・ホリスティックケアアドバイザー・神奈川県動物取扱業訓練 取得済】

大学在学中にイギリスへドッグトレーニングの勉強の為、短期留学。国内最大手のペット関連企業において、生体販売、トリマー、トレーナー、新規事業開発、成田空港内ペットホテル開業に伴うプロジェクトリーダーとして参加、ペット関連用品の開発、雑誌等へコラム執筆など、ペットに関するあらゆる分野を経験。

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 犬を飼うことによっておこる良いこと

    • 犬を飼うことによる悪いこと

    • 飼い主のトイレのしつけの心構え

    • 犬のトイレの場所・作り方

    関連記事

    • 飼い主のトイレのしつけの心構え

    • しつけの考え方・概念について

    • よしのしつけ方法と注意事項

    • 犬に吠えた犬の心境は?

    • 旅行時に知っておきたいしつけの方法

    • 犬へのNG対応の代表的な5つ