1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. ビーグル

ビーグル

犬種一覧 この記事は約 5 分で読めます。

ビーグルについてのまとめページです。
遊ぶことが大好きで小さな子供ともすぐに仲良くなれる犬種です。吠えやすいのでしっかりしつけが必要です。

英語表記 Beagle
原産国 イギリス
平均体重 7kg~12kg
平均体高 33cm~38cm
体型 中型
色の種類 トライカラー、レッド&ホワイト

 

性格・魅力

ビーグルは非常に明るく愛嬌があり、子供が大好きで子供の方に寄っていく子もいます。
元々集団で行動する犬ですので他の犬や知らない人にも警戒心を見せることはあまりなく、友好的な性格をしています。

忍耐強いため子供に触られても多少の事では怒ったりしません。

遊びが好きでフレンドリー、争い事を好まないので家庭向きな犬種です。

ビーグルといえばあの人気キャラクターのスヌーピーがモデルになった犬です。
あごの所まで垂れた耳と、綺麗なつやのあるダブルコートで白と黒、そしてタンのトライカラーが有名です。

無駄のないシャープな体つきや、瞬発力のあるジャンプ力などカッコ良い犬が好きな人におすすめの犬種です。
平和主義で家族にもよくなつきます。

 

歴史・起源

ビーグルは14世紀ごろのイギリスでウサギ狩りに猟犬として飼われていたのが始まりです。

ビーグルという名の語源はフランス語で大声を出すという意味があり、狩りをするときに鳴き声を交わらせながら狩りをしていたので、このような名前になったといういわれがあります。

1800年代ではアメリカ人に大流行し、今でも人気の犬種ベスト10には入るほどの犬種です。

 

外観・お手入れ

ビーグルは短毛のダブルコートで耳は垂れています。
猟犬だったこともあり、骨格はしっかりとしていて体格もがっちりしています。

非常に優れた嗅覚を持っているので空港などで麻薬探知犬としても活躍しています。
筋肉は引き締まっており、体のバランスが良いので瞬発力や引っ張る力ともに優れています。

特にジャンプ力は自分の身長の2倍くらいの柵であれば悠々とジャンプしてしまうほどです。
お手入れは短毛なのでブラッシングは週に2、3回程度行ってあげれば問題はありません。

シャンプーも月に1回程度美容室で行ってもらえば良いですが、抜け毛が多いので生え変わりの時期はアンダーコートの除去をしっかりと行います

部屋は汚れますが、外でも飼える犬なので毛が気になるなら外で飼いましょう。
外で飼う際には暑さには気を付けて風通しの良いところを選んでください。

 

運動・散歩

ビーグルの元は猟犬、運動量はかなり多く必要になります。
散歩は1日に1時間以上はしっかりと外で遊ばせましょう。

外では猟犬だった本能が働き、探索に夢中になってその場から動かなくなってしまう頑固さがあります。
散歩中に自転車を追いかける、気になるにおいがあればその場を離れないという事があるので制止させるしつけは子犬時代から行っておきたいものです。

 

気質

ビーグルは独立心が強いものの集団を好む犬種なので、一人で留守番させたり飼い主が見えないところで飼うと寂しがります。

子供は好きですが一人の時間も必要なのでテリトリーはしっかりと守ってあげましょう。
知能が高いので人の言うことはよく聞くのですが、本能が邪魔をして頑固さや一度嫌というとてこでも動かない部分もあります。

そうなると指示が入らないのであらためて機嫌の良い時に教えてあげてください。

ビーグルは無駄吠えをする犬種です。

しかしそれは運動量が足りていない時のストレスによることが多いのです。
良く吠えるというイメージがありますが、猟犬だったこともあり、唸り声をあげながら低く大きい声なのでそういう印象があります。

1キロ先でもよく通る声で何時間も吠えるので、マンション等集合住宅ではあまり飼うのは向いていません

 

一緒に生活する中のしつけや注意事項

ビーグルの基本的に室内で飼うのが好ましいですが、外で飼う場合はその瞬発力で小屋に乗ったり塀を飛び越えたりすることをきちんと計算し、事故防止対策を練っておきます。

窓からいつでも飼い主が見える、またコミュニケーションが取れるところで飼ってあげましょう。
またビーグルは大食漢で有名なので肥満や糖分の取りすぎに気を付ける必要があります。

 

健康・気を付けたい病気

ビーグルについての疾患や症状についてお伝えします。

 

椎間板ヘルニア

首から腰まで通っている背骨と背骨の間にあるクッションの役割をしている組織が壊れてしまい、神経を圧迫してしまう病気です。
傷みが強くひどくなると下半身が動かなくなってしまいます。

症状

よく座り込むようになった。
散歩を嫌がる。

対策・予防

椎間板ヘルニアは胴長の犬にはよく起こりやすい病気です。
急激に病気が進行するのではなく徐々にですので、普段から痛がっていないかなど定期検診が必要です。

 

クッシング症候群

腎臓の近くにある副腎という機能から副腎皮質ホルモンが過剰に分泌される病気です。
すぐ命の危険がある訳ではありませんが、免疫が落ちるのですぐ病気にかかりやすくなります。

症状

肥満や脱毛が起こる。
おしっこの量が増える。
色素沈着や筋力低下がみられる。

対策・予防

終生まで投薬を行わなければなりません。
とはいえ原因によって対策法が異なるので信頼できる獣医を探しておくのも大切です。

中年以降の健康に気を付ける事が早期発見につながります。

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • 甲斐犬

  • イタリアングレーハウンド

  • ブルドッグ

  • ジャーマンピンシャー

  • ボクサー

  • ケリーブルーテリア