1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. ミニチュアダックス
スポンサーリンク

ミニチュアダックス

犬種一覧 この記事は約 5 分で読めます。

ミニチュアダックスについてのまとめページです。
陽気な性格で頭も良いのが魅力的な犬種です。
遊ぶことが大好きなので毎日遊んであげることをおすすめします。

英語表記 Miniature Dachshund
原産国 ドイツ
平均体重 4~5kg
平均体高 21~25cm
体型 小型
色の種類 レッド、クリーム、ブラック・アンド・タン、ブラウン・アンド・タン、ブラック・アンド・イエローなど

 

犬ラブYouTubeチャンネル

性格・魅力

ミニチュアダックスは陽気で明るい性格です。
活発で運動が大好きで、好奇心も旺盛な犬種ですよ。

知能が高く呑み込みが早いので、一度教えられたことは忘れません。
警戒心がやや強いので、相性が合わない他の犬種や見知らぬ人に対しては懐くのに時間がかかるかもしれません。

自立心が強く頑固なところもあるので、一貫したしつけが必要になるでしょう。

魅力はいつも陽気で、周りにいる人を明るくしてくれるところです。
飼い主に対して深い愛情を持ち、服従心や忠誠心もあるので献身的に尽くしてくれるでしょう。

学習能力が高くしつけやすいので初心者でも飼いやすい犬種として人気があります。
賢いミニチュアダックスはゲームのような遊びもできるので、一緒に遊ぶのも楽しいですよ。

 

歴史・起源

ダックスフンドは中世のドイツで誕生し、その後何世紀にもわたり鼻が利く猟犬として重宝されてきました。
ウサギやもっと大きい獲物を追い詰めることができ、勇敢で物おじしない性格が買われて猟の分野で幅広く活躍してきました。

ダックスフンドは大きさが3種類に分けられていますが、その中の一つがミニチュアダックスです。

 

外観・お手入れ

ミニチュアダックスの被毛にはいくつか種類があり、短い被毛と剛毛で長い被毛、柔らかく長い被毛に分かれています。
いずれも被毛はツヤがあり光沢を放っていてとてもきれいですよ。

垂れ耳で、短足胴長の体型をしているのがダックスフンドの特徴です。
猟犬として働いてきたので、スタミナや体力があり全身には筋肉が付いています。

ロングのミニチュアダックスは被毛がダブルコートなので、定期的なブラッシングが必要です。
換毛期には抜け毛が増えるので、ブラッシングやシャンプーの際に余分な被毛を取り除いてあげましょう。

短毛のミニチュアダックスはブラッシングに加え、固く絞った濡れタオルで体を拭きお手入れします。
ロングの被毛は定期的なトリミングも必要です。

 

運動・散歩

ミニチュアダックスは小型犬なのでそれほどたくさんの運動量は必要としませんが、遊びが大好きなので遊びながら運動する時間を取り入れてあげましょう。

ボール投げをしたりドッグランで走らせるのも良いですね。
散歩は毎日1時間程度すると良いですよ。

猟犬だったミニチュアダックスは動くのが大好きなので、運動でストレス解消させましょう。

 

気質

ミニチュアダックスは甘えん坊な面もある可愛い性格をしています。
頑張り屋さんで何事にもめげない勇敢な気質を持っています。

ユーモアがあり周囲を和ませてくれるので、家の中が明るくなるでしょう。
ただし気が強い面もあり、相性が合わない相手に対してやや攻撃的になることがあるかもしれません。

頑固で自分が納得しないと指示には従わない傾向もありますよ。

警戒心が強いミニチュアダックスは、見知らぬ人に対して吠えやすい犬種です。
家族には人懐こく甘えん坊ですが、来客などがあると吠えてしまうでしょう。

無駄吠えは近所にも迷惑がかかるので心配ですね。
散歩をしていても他の犬種に吠えるかもしれません。

しかし利口で賢いので、小さい時に訓練すれば吠え癖はなくなります。

 

一緒に生活する中のしつけや注意事項

ミニチュアダックスは主従関係を分からせるためには毅然としたしつけが大切です。
とはいえ良くできた時にはたくさん褒めることも忘れないようにしましょう。

おやつを我慢した時、吠えるのをやめた時は思いっきり褒めてあげましょう。

短い被毛のミニチュアダックスは寒さに弱いので、冬は家の中でもドッグウェアを着せて寒さ対策をするのが良いですよ。

 

健康・気を付けたい病気

ミニチュアダックスについての疾患や症状についてご紹介しています。
 

外耳炎

耳の中の外耳道に炎症が起こる病気です。

症状

匂いのある耳垢が出たり、耳垢が増えるなどの症状があります。
かゆみがあるので頭を振ったり、しきりに耳を掻こうとするでしょう。

対策・予防

垂れ耳の犬種は、耳の中で細菌が繁殖し外耳炎を発症しやすくなります。
こまめに耳掃除をして耳垢に異常がないかをチェックしましょう。

 

アレルギー性皮膚炎

皮膚に赤みやかゆみが出る病気です。

症状

強いかゆみを伴うこともあり、足で患部を掻こうとしたり床に擦りつけたりします。

対策・予防

皮膚のバリア機能が低下することでアレルギー性皮膚炎が引き起こされることがあります。
普段から栄養バランスの取れた食事や適度な運動を心がけ、皮膚病を予防することができます。

 

椎間板ヘルニア

椎間板が正常な位置からずれて、周囲の神経を圧迫する病気です。

症状

足を引きずって歩いたり、歩き方がぎこちなくなります。
痛みがあるので散歩や運動を嫌い、あまり動かなくなります。

対策・予防

肥満は椎間板に負担をかけるので体重をコントロールしましょう。
治療では抗炎症薬の投与が行われることがあります。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • ブービエデフランダース

  • チワワ(スムース)

  • ブルドッグ

  • チワワ

  • ゴールデンレトリバー

  • 北海道犬