1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. ウエストハイランドホワイトテリア(ウエスティ)
スポンサーリンク

ウエストハイランドホワイトテリア(ウエスティ)

犬種一覧 この記事は約 6 分で読めます。

ウエストハイランドホワイトテリア(ウエスティ)についてのまとめページです。

英語表記 West Highland White Terrier
原産国 イギリス
平均体重 7~10kg
平均体高 25~28cm
体型 小型
色の種類 ホワイト
犬ラブYouTubeチャンネル

性格・魅力

ウエストハイランドホワイトテリア(ウエスティ)は陽気で活発な明るい性格をしています。家族が大好きで一緒に遊ぶことを好みますが、警戒心が強いので見知らぬ人や他の動物に対して攻撃的になる傾向もあります。
番犬に向く犬種ですね。勇敢で自立心があり、納得できない命令には従わないなど頑固な面もありますよ。
甘えん坊で少しわがままなところもある、子供っぽい可愛い犬種です。

魅力ポイント
家族との絆を大切にする愛情深い性格が魅力です。
飼い主への服従心や忠誠心もきちんと示してくれるでしょう。

信頼関係が築かれれば、たのもしいパートナーになってくれますね。負けず嫌いでまれに攻撃的になることもありますが、普段は穏やかな性格なので、嫌がることをしなければ楽しく一緒に遊べるでしょう。
ぬいぐるみのような可愛い外観も魅力的ですよ。

歴史・起源

ウエストハイランドホワイトテリアが犬種として正式に登録されたのは、20世紀に入ってからです。それまでスコットランドで飼われていたスコティッシュテリアや、他のテリア達から生まれた白い犬を選り分けて交配させることにより、ウエストハイランドホワイトテリアが誕生したのです。歴史は新しいですが、現在ではヨーロッパやアメリカ、日本でも高い人気がある犬種ですよ。

外観・お手入れ

ウエストハイランドホワイトテリア(ウエスティ)はフサフサとした真っ白い被毛が全身に生えています。
被毛はダブルコートで、下毛は柔らかく上毛は粗い剛毛です。寒さや外部のダメージから体を守る役割を果たしているのですね。
小型犬ですが体の割に頭部は大きめで、愛嬌のあるアーモンド形の目がチャームポイントです。三角の立ち耳や短い筋肉質の手足も、この犬種の特徴です。
ウエストハイランドホワイトテリアは換毛期以外は抜け毛が少ないのでお手入れはあまり大変ではありません。それでも毎日ブラッシングをすると良いでしょう。
白い被毛は汚れが目立つので、きれいな状態を保つには定期的なブラッシングとシャンプーが欠かせません。
被毛は放っておくと長くなるので、1か月に1回はトリミングをすると良いでしょう。

運動・散歩

ウエストハイランドホワイトテリア(ウエスティ)は活発で動くのが大好きなので、毎日十分に運動や散歩をさせてあげましょう。散歩は毎日2回、それぞれ30分以上かけてください。
ときにはドッグランなどで思いっきり走らせるのも良いですね。小型犬でも体力やスタミナがあるので十分な運動が必要です。ただし暑さに弱いので、炎天下での散歩や運動は避けるのが良いでしょう。

気質

ウエストハイランドホワイトテリア(ウエスティ)は自分の意志をしっかり持っている利口な犬種です。
頑固で多少気難しい気質もありますが、きちんとしつけられると飼い主の命令にも従うようになります。
相性が合わない人や動物に対しては強く出るなど、気が強い一面もありますね。ウエストハイランドホワイトテリアは好奇心が強くやんちゃで、周りを明るくしてくれる存在ですよ。
普段はあまり吠えませんが、警戒心が強いため見知らぬ人に対して吠えることがあります。他の動物に対しても、相性が合わないとすぐに吠えて気の荒いところを見せるかもしれません。さらにウエストハイランドホワイトテリアは甘えん坊なので、かまってほしい時に無駄吠えをすることもあります。原因を見極めたうえで吠えないようしつけをすると良いですね。

一緒に生活する中のしつけや注意事項

頑固な気質を持つウエストハイランドホワイトテリアは、飼い主の立場が自分より上であると認めていないと、なかなか指示に従わないでしょう。毅然とした態度を保ち、子犬であっても決して甘やかさないようにすることが大事ですね。さらに好奇心が強いので、思わぬ行動に出てケガをしないよう部屋の中でも安全に気を配りましょう。

健康・気を付けたい病気

ウエストハイランドホワイトテリア(ウエスティ)の病気や健康についての特徴をご紹介しています。

アレルギー性皮膚炎

炎症が起きたりかゆみを伴う皮膚の病気です。

症状

かゆみがあるので、足で掻こうとしたり床に体を擦りつけたりします。

対策・予防

皮膚のバリア機能が低下することで皮膚炎は引き起こされると考えられています。毎日の運動や栄養バランスの取れた食事など、愛犬が健康的な生活を送れるよう心がけましょう。

乾性角結膜炎

乾燥により角膜や結膜に炎症が起こる病気です。

症状

黒目の部分が濁ったり、結膜が充血するなどの症状が現れます。目ヤニが黄色くなり、かゆみを伴うこともあります。重症化すると角膜に穴が開いてしまいます。

対策・予防

こまめに目ヤニを取り除いて目を清潔に保ちます。乾燥を防ぐため、点眼液を用いる治療が行われるかもしれません。

外耳炎

耳の中の外耳道に炎症が生じます。アレルギー性皮膚炎により発症することもあります。

症状

耳の中がかゆくなるので、足で掻こうとしたり床に耳を擦りつけたりします。しきりに頭を振るようになるかもしれません。

対策・予防

耳掃除をこまめにして清潔な状態を保ちます。耳垢に異常がないかを定期的にチェックしましょう。

ウエストハイランドホワイトテリア(ウエスティ)と生活している有名人

ジュディオング 北斗晶
三浦知良
その他、芸能人が飼ってる犬のまとめページに一覧が掲載されています。
→犬を飼っている芸能人ランキング

まとめ

ウエストハイランドホワイトテリア(ウエスティ)に関する情報でした。

陽気で活発、そして甘えん坊で少しわがままなところもある、子供っぽい可愛い犬種です。
家族と一緒に遊ぶことが大好きですが、警戒心が強いので知らない人や他の動物には攻撃的になる傾向があります。そのため番犬にはとても向いてますよ。散歩は1日2回、30分以上かけてあげましょう。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • ワイアーフォックステリア

  • チベタンスパニエル

  • ブリュッセルグリフォン

  • ビアデッドコリー

  • ミニチュアシュナウザー

  • ポリッシュローランドシープドッグ