1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. トイプードル
スポンサーリンク

トイプードル

犬種一覧 この記事は約 5 分で読めます。

トイプードルについてのまとめページです。
賢くてしつけしやすいと言われている犬種です。
外見も可愛らしいのが魅力で、抜け毛も少ないので初心者も飼育しやすいです。

英語表記 Toy Poodle
原産国 フランス
平均体重 4kg前後
平均体高 28cm前後
体型 超小型
色の種類 ブラック、ホワイト、クリーム、シルバー、ベージュ、ブラウン、カフェオレ、レッド、アプリコットなど。単色が理想的

 

犬ラブYouTubeチャンネル

性格・魅力

トイプードルの正式には

  • 「スタンダード」
  • 「ミディアム」
  • 「ミニチュア」
  • 「トイ」

の4種類に分類されますが、「トイ」はその中で最も頭が良いと言われています

明るくて家族だけでなく他人や他の犬にもフレンドリーなため、どこへでも連れて行きやすい犬です。
トイプードルの場合、性格的な欠点はあまり見当たりません。

小さくて愛くるしい見た目も魅力的ですが、抜け毛や体臭が少ないのも魅力の1つです。
またクルンとした柔らかいカール毛で伸びるのも早いため、様々なカットを楽しむことができます。

賢くしつけもしやすいので、犬をはじめて飼う方にも向いています。

 

歴史・起源

トイプードルの初期のミディアムサイズのプードルがいつ誕生したのか、はっきりしたことは不明です。
しかしトイプードルは15世紀頃には存在していたと言われており、フランスの裕福な家庭で飼われることが多かったようです。

18世紀にはイギリスでも人気が高まりました。
初期のプードルはカモ猟の仕事を得意としていましたが、トイプードルは賢く訓練好きなことからサーカスでも活躍しています。

日本では毛が抜けにくいというメリットを活かして、セラピー犬としても活躍中です。

 

外観・お手入れ

トイプードルのシングルコートのフワフワした毛を持っており、一時期大流行したテディベアカットやアフロカットなどの様々なスタイルを楽しめます。

  • 脚が短く胴が長いタイプ
  • 脚が長く胴が短いタイプ
  • 両方のバランスが整っているタイプ

など、同じトイプードルでも種類があるのでボディバランスも良く見ましょう。

抜け毛が少ないとはいえ毛と毛の間に毛玉が溜まりやすいため、できれば毎日ブラッシングしましょう。
特に耳の後ろは毛玉ができやすいので、入念にブラッシングしてください。

毛が伸びるスピードが早いので、月に1回のトリミングは必要です。

 

運動・散歩

トイプードルはとても活発で運動好きなので、毎日散歩に行きましょう。
1日15分から20分程度で良いので外に連れて行くと、ストレス発散になります。

しかし暑い日は無理に散歩に行かず、家の中で遊ばせることをおすすめします。
できればある程度広さのある庭があると、いつでもたっぷり遊ばせることができて理想的です。

かつて先祖が水鳥猟で活躍した歴史があるからか、水遊びも大好きです。

 

気質

トイプードルは明るく友好的で誰とでも仲良くできるので、初心者でも飼いやすい犬です。
また全ての犬種の中でも頭の良さはトップ3に入ると言われているため、しつけも楽にできるでしょう。

基本的に他の小型犬よりは吠えることが少ないようです。
しかし個性やしつけの状況によっては、吠えることもあるでしょう。

賢い犬ですから、はじめに吠えないようにしつければ言うことを聞きます。

 

一緒に生活する中のしつけや注意事項

トイプードルは運動が好きでフリスビーなどもしますが、6か月くらいまではそのような激しい運動は避けましょう。
なぜなら身体が完全に出来上がっていないからです。

またトイプードルの高い能力を存分に引き出すためには、主従関係をはっきりさせる他遊びを通じて脳を活性化させることが大切です。

その他にも、ケガに繋がることが多い高いところからの落下には十分気を付けなくてはいけません。
遊んでいるときだけでなく、抱き抱えているときも注意してください。

 

健康・気を付けたい病気

トイプードルについての特徴をご紹介しています。

 

腸閉塞

腸に食べ物や異物などが詰まって、正常に働かなくなります。
すぐに吐き出した場合は大丈夫ですが、小腸に運ばれると様々な症状が出てきます。

トイプードルは好奇心が旺盛で誤飲が多いと言われているので、気をつけましょう。

症状

症状が軽い場合は、元気がなくなったり食欲がなくなったりします。
便の異常や嘔吐などが見られることもあるでしょう。

しかし重度になると苦しそうに身体を丸めたり呼吸が浅くなったりします。
腸が完全に塞がってしまうと命を落とす危険もあるので、一刻も早く病院に連れて行く必要があります。

対策・予防

部屋の中を整理整頓して、飲み込みそうなものを犬の動き回る範囲に置いておかないようにしましょう。
また誤飲しないようにしつけることも大切です。

散歩の際も危険は潜んでいるので、しっかりしつけをしておけば拾い食いや誤飲を防ぐことができます。

 

感電

身体に電気が流れて痛みやしびれが起こり、ひどい場合は死に至ることもあります。
多くはコンセントコードをかじることで、感電することが多いようです。

トイプードルの活発な性格により感電事故が多くなっている他、子犬のやんちゃな時期にも多く報告されているので気をつけなくてはいけません。

症状

多くはぐったりしていますが、コンセントコードをかじって感電した場合はその近くでぐったりしていることが多いです。

また電流に触れた部分は火傷をしていますが、その部分を見るときは直接触れずにゴム手袋などをつけてから確認しなくてはいけません。

対策・予防

コンセントコードをかじらないようにしつけをする他、コンセントコードにカバーをかけましょう。
手頃な価格で販売されているので全てのコードにかけることが可能ですし、犬が嫌いな臭いをつけているものもあるので近寄るのを嫌がるでしょう。

またもし万が一感電してしまった場合の対処方法も、念のため把握しておくことが大切です。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • ボルゾイ

  • ポリッシュローランドシープドッグ

  • ジャーマンピンシャー

  • ウェルシュテリア

  • シーズー

  • ブリタニースパニエル