1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. サモエド
スポンサーリンク

サモエド

犬種一覧 この記事は約 6 分で読めます。

サモエドについてのまとめページです。

温厚な性格をして飼いやすいのが特徴です。十分な運動量を必要とするため、少し長めの散歩時間を確保しましょう。

英語表記 samoyed
原産国 ロシア
平均体重 16〜29㎏
平均体高 48〜60㎝
体型 中型
色の種類 純白、白、クリーム
犬ラブYouTubeチャンネル

性格・魅力

サモエドは昔から人と共に暮らしていたこともあり、人を信頼していてとても温厚な性格です。

飼い主には従順で他の人や動物に対してもフレンドリーな様子を見せます。そのため、家庭犬としても飼いやすく小さなお子さんのいるご家庭でも安心です。

魅力ポイント
魅力は、何と言ってもサモエドスマイルとも呼ばれる可愛らしい口元です。口角が上がっており、穏やかに微笑んでいるような顔立ちが大きな人気を呼んでいます。

また、昔は寒さを凌ぐためにも使われていたという白くてふわふわの毛も、可愛らしさを引き立てるポイントとなっています。

歴史・起源

サモエドは、ロシアのシベリア地方に暮らすサモエド族と呼ばれる民族の名前から付けられています。シベリアで長く生活していたにも関わらず、オオカミや狐など他の動物の血が混ざっていない、極めて原始犬に近い珍しい犬種です。

19世紀後半にイギリスの動物学者がサモエドを持ち帰り、20世紀にはアメリカに持ち込まれました。北極探検のそりを引く犬として選ばれたことで、世界にその名前が知れ渡ります。

もともとは黒やブラウンの毛色の種類も存在しましたが、イギリスの繁殖家により白い毛色で統一されるようになりました。

外観・お手入れ

寒さの厳しい地域で育ったサモエドは、寒さから身を守るために毛が二重構造のダブルコートになっており、中型犬の中でも非常に毛量が多い犬種です。

密度が高く長さもあるため、換毛期には毛がごっそりと抜けます。ふわふわした長い毛が特徴のサモエドは、こまめなブラッシングで細かい汚れを取り除き、皮膚を清潔に保つようにしてあげましょう。

また、1〜2ヶ月に1度のペースで定期的にシャンプーをしてあげると良いでしょう。トリミングは必須ではありませんが、サモエドは暑さに弱いため、夏になる前に行っておくことをおすすめします。

運動・散歩

元々は極寒の地域で荷物を運ぶためにそりを引いていたサモエドは、とても筋肉質で運動好きな犬種です。

普段は温厚な性格ですが、しっかりと運動をさせてあげないとストレスになり、無駄吠えなどの原因にもなってしまいます。

そのため、毎日の散歩には充分な時間と距離が必要です。一般的な犬よりも運動に少し長めの時間をかけてあげるようにしましょう。

気質

サモエドはとても温厚な犬種で、人懐っこい性格です。

しかし身体が大きいため、散歩の際にグイグイと引っ張られることもあるなどパワフルな印象です。性格にもよりますが、飼い主もかなりの体力が必要となるため、しっかりとした心構えをおきましょう。

人見知りせず、家族以外の人や他の犬に対してもあまり吠えることはありません。そのため番犬には不向きですが、マンションなどでの飼育には最適です。

人と一緒にいることを好むので、ぜひ室内で飼育してあげましょう。

一緒に生活する中のしつけや注意事項

サモエドは基本的には飼い主に従順で、頭もよく訓練性も高いため比較的しつけはしやすいと言えそうです。

しかし、運動不足によるストレスなどの影響で無駄吠えや噛み癖の原因にも繋がりますので注意が必要です。

また、寒さに強いサモエドですが、熱さには弱いため夏は空調が必須となります。毛の密度も高いため、皮膚病の予防のためにもしっかりとシャンプーやトリミングなどで皮膚の健康を守ってあげるようにしましょう。

健康・気をつけたい病気

サモエドの知っておきたい病気と症状についてご紹介しています。

胃捻転

サモエドのような中型から大型の犬に多い病気で、胃の内容物が発行したガスが原因で胃がパンパンになって捻転してしまう病気です。

そうなると、胃が周りの臓器を圧迫して全身に影響を及ぼします。血管が捻れてしまい、最悪の場合は死に至ることもあるとても恐ろしい病気です。

症状

胃の中にガスが溜まるので、お腹がパンパンに膨れて来ます。吐きたいのに吐けず、大量のよだれが出てしまうこともあります。また、食欲がなくなり食べることを拒むようになるそうです。

対策・予防

胃への負担を避けるため、早食いやがぶ飲み、食後すぐの激しい運動は避けて下さい。

また、胃で膨らむドッグフードは与えないようにしましょう。ストレスも胃捻転の原因になり得るので、運動を充分にさせるなどしてストレスを溜めさせないように注意する必要があります。

股関節形成不全

太ももの骨と骨盤を繋ぐ股関節の異常による病気です。遺伝による先天的なものや、関節に負担のかかりやすい大型犬に多く見られます。

症状

上手く歩くことができず、スキップのような仕草を見せることがあります。

また、後ろ足を折りたたむことができないので、座るのが困難になります。非常に運動が好きな犬種ですが、運動を嫌うようになったら要注意です。

対策・予防

生後60日の間は激しい運動を避けた方が良いそうです。また、急激な体重増加も股関節が圧迫されるため危険です。関節への過度なストレスが掛からないように注意することが大切です。

サモエドと生活している有名人

つるの剛士
その他、芸能人が飼ってる犬のまとめページに一覧が掲載されています。
→犬を飼っている芸能人ランキング

まとめ

サモエドに関する情報でした。

昔から人と暮らしてきたこともあり、人を信頼していて非常に温厚な性格の犬種です。
飼い主には従順、子供や他の動物に対してもフレンドリーなので家庭犬として飼いやすいです。あまり吠えることがないためマンションなどの住居でも大丈夫だと思います。
散歩の際はグイグイとパワフルに引っ張る印象のため飼い主はかなり体力が必要になるでしょう。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • アイリッシュセッター

  • スコティッシュテリア(スコッチテリア)

  • ブリタニースパニエル

  • バセンジー

  • ノーリッチテリア

  • プチバセットグリフォンバンデーン