1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. ブリアード

ブリアード

犬種一覧 この記事は約 6 分で読めます。

ブリアードについてのまとめページです。
牧羊犬として活躍していた犬種で、家族に忠実でプライド高いのも特徴です。
番犬としても活躍してくれるでしょう。

英語表記 Briard
原産国 フランス
平均体重 30kg前後
平均体高 62cm~68cm
体型 大型
色の種類 ブラック、ブラックオーバーレイのフォーン

性格・魅力

ブリアードは非常に賢く記憶力も抜群で、家族に対しては忠誠心を持っている犬種です。
家族のことは自分が守ろうという忠実な性格をしており、自尊心も非常に高いのが特徴です。

家族には大きな愛情を示しますが、知らない人に対しては警戒心があり人見知りをします。
元々は牧羊犬なので、群れをまとめる事が好きで小さい子供の見守り役としても適役です。

立ち姿がかっこよく、大型犬ながら瞬発力があり動きがしなやかなのが魅力です。
長くウエーブがかかった被毛は美しくドッグショーにもよく参加している犬種です。

大型犬で勇敢な性格をしているので、飼う時にはトレーナーの指導のもとで飼うなど注意もある犬種ですが、番犬として人の生活のサポートをしてくれるので頼もしいところも魅力です。

歴史・起源

ブリアードはフランス生まれで、牧羊犬としては最も古い歴史を持つと言われています。
牧羊犬は羊の群れをコントロールする犬ですが、ブリアードは大型犬で勇敢ですのでオオカミを追い払う役目も果たしていました。

そういった人間に対する忠誠心の強さが人気となり家庭犬としても飼われるようになりました。
国内では登録頭数も非常に少なく、日本で飼われるのは珍しい犬種です。

外観・お手入れ

ブリアードは体高よりも体長が長く正方形に近い胴体をしています。
顔の部分をはじめ体全体に長い被毛を持ち、長いひげが特徴です。

長い被毛の下にはがっとりとした筋肉を持っており、とっさに走ったり止まったり、また方角を瞬時に変えるといった瞬発力も持っています。

頭は大きく厚みのあるマズルが特徴で、耳はたれ耳と立ち耳どちらのタイプもあります。
かなり被毛が長くオーバーコートはウエーブがかっているため、もつれやすいので毎日必ずブラッシングで被毛を解きほぐしてあげる必要があります。

目の周りも長い被毛で覆われているのでリボンやゴムで止めてあげましょう。
定期的にシャンプーとトリミングを行い抜け毛の処理を行ってください。

また長いひげは水を飲んだ時に下に垂れるので拭いてあげると良いでしょう。

運動・散歩

ブリアードはフランスでは今でもブリアードは牧羊犬として活躍している犬です。
家庭犬として飼うのであれば運動はかなりの量が必要となります。

散歩は1日に2回できれば1時間以上はしっかりと運動させてほしい犬種です。

また散歩はただ歩かせるよりも、しっかりとランニングをさせたり時間を作ってドッグランなどに行き、思いきり体を動かせてあげましょう。

気質

ブリアードは牧羊犬の外に、他の動物から人を守るという保護意識が強いため家族以外の犬や人に対して警戒心を見せます。

独立心に富みプライドが高いため、小さいころからしっかりとしたしつけが必要です。
辛抱強い気質があるものの、それが頑固で支配的な悪い面として出る場合があります。

とはいえ家族には忠誠心を持つことができる犬なので、信頼関係を結ぶためのコミュニケーションが必要です。
非常に利口な犬ですので、きちんとしつけが行われていれば無駄吠えすることはありません

家族に何かを知らせるときや理由があって吠える事があっても基本的には吠えません。
恐れ知らずで勇敢、警戒心が強いため同じ体格の犬を見つけたときには吠えあうといったことはあるでしょう。

オオカミをも追い払う気持ちの強さがあるので、吠えないようにしっかりとしつけが必要です。

一緒に生活する中のしつけや注意事項

ブリアードは大型犬ですので散歩のリードをとられてしまうと散歩ができなくなってしまいます。
若いうちからしっかりとしつけをし、必要であればプロのトレーナーの力を借りるのも良いでしょう。

自尊心が高いのでプライドを傷つけるような力での支配ではなく、ほめて認めてあげながらしつけをおこないます。

運動不足はストレスを溜める事にもなるのでしっかりと長めの散歩を行いましょう。

健康・気を付けたい病気

ブリアードについての病気や症状についてご紹介しています。

甲状腺機能低下症

甲状腺の機能が低下することで、換毛のペースが乱れたり被毛が薄くなったりします。

またその影響で太ったり体がだるくなったりする病気です。
年を取るにつれて起こりやすい病気です。

症状

太りだす
いつもだるそうで不活発
 

対策・予防

年齢が高くなることで起こるので、予防することが中々難しい病気ではあります。
しかし発症しても年だからとあきらめずかかりつけの獣医に診てもらいましょう。

胃捻転

胃がねじれてしまう病気です。

短時間で命の危険があるので様子がおかしい時はすぐに病院に行きましょう。

症状

食べたものを吐く
背中を丸めて横になる
お腹を触ると痛がる
 

対策・予防

餌を一気にドカ食いさせるのは避けて、数回に分けてあげましょう。
また食後に激しい運動をさせるのは良くありません。

ブリアードは胸が深く大型犬の中でも胃捻転になりやすい犬種ですので注意しましょう。

ブリアードと生活している有名人

現在は芸能人の方は確認できず。

その他、芸能人が飼ってる犬のまとめページに一覧が掲載されています。
→犬を飼っている芸能人ランキング

まとめ

ブリアードに関する情報でした。

昔から牧羊犬として活躍していた犬種で、家族を守ろうとするなど勇敢な性格をしており、番犬としても活躍してくれます。

ただし、プライドが高い面もあるため押さえつけるように支配するのではなく、上手にできたらほめて信頼関係を結びながら上手にしつけてあげましょう。

しっかり運動しなければストレスがたまりやすいため、毎日十分な散歩やドッグランでの遊びなどを取り入れてください。

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • マンチェスターテリア

  • イングリッシュセッター

  • ラサアプソ

  • フレンチブルドッグ

  • ジャイアントシュナウザー

  • ミニチュアピンシャー