1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. イングリッシュコッカースパニエル
スポンサーリンク

イングリッシュコッカースパニエル

犬種一覧 この記事は約 6 分で読めます。

イングリッシュコッカースパニエルについてのまとめページです。
元々は猟犬として活躍していた犬種で明るく活発なのが特徴です。すぐに仲良くなれるので飼いやすいです。

英語表記 English Cocker Spaniel
原産国 イギリス
平均体重 13~15kg
平均体高 38~41cm
体型 中型
色の種類 レッド、ブラック、ゴールド、チョコレート、ブルー、ブラックタンなど
犬ラブYouTubeチャンネル

性格・魅力

イングリッシュコッカースパニエルは陽気で明るく、人懐っこい性格です。活発に遊ぶのが大好きで、家族に対する深い愛情も持っています。感受性が強く飼い主の気持ちにも敏感な賢い犬種ですね。寂しがりやなので一人にされるのを嫌う傾向があります。

魅力ポイント
何よりも大好きな家族と一緒にいたいと願っていますし、忠誠心があり献身的で、家族に尽くそうとしてくれます。くるっとした愛らしい瞳やあどけない表情も、イングリッシュコッカースパニエルの魅力でしょう。
愛嬌がありフレンドリーで、社交的な性格が誰からも愛される秘密ですね。子供のように好奇心が強いので、一緒に遊ぶのもとても面白いですよ。
平和的で他の動物とも仲良くできるので、他のペットとも一緒に飼いやすいでしょう。

歴史・起源

イングリッシュコッカースパニエルは西暦10世紀頃、イギリスにはすでにスペインから渡ってきたスパニエルが猟犬として活躍していました。イングリッシュコッカースパニエルは、そんな数多くいるスパニエルから枝分かれしたと言われています。狩猟では主に鳥猟で用いられていました。後にアメリカに渡った、アメリカンコッカースパニエルの先祖にあたります。

外観・お手入れ

イングリッシュコッカースパニエルは長く美しい被毛があります。ウェーブがかかった被毛が風になびく様子がとても美しいですね。
被毛が分厚く長いので体型が分かりにくいですが、骨太でがっしりとした体格を持ち、足にも発達した筋肉が付いています。獲物をくわえて運べるように、猟犬らしく鼻口部は幅が広くなっています。絹糸状の柔らかい被毛がぎっしり生えているので、ブラッシングは少し大変かもしれません。皮膚を引っ張らないよう丁寧にブラッシングをしましょう。
毎日定期的にブラッシングをする必要があります。
被毛も長いので、2週間に1度はトリミングをすると良いですね。換毛期には抜け毛が多くなるので、シャンプーする時は余分な被毛を丁寧に取り除きましょう。

運動・散歩

元々猟犬であったイングリッシュコッカースパニエルは、十分な運動を必要とする犬種です。ドッグランで走らせるのも良いですね。
散歩は毎日朝と夕の2回、1時間ずつかけてしてあげましょう。暑さに弱いため、炎天下での散歩や運動は避けてください。夏場は日陰を利用したり、夕方の涼しい時間帯に散歩するのが良いですね。

気質

イングリッシュコッカースパニエルは温和な気質で、人や他の動物に危害を加える可能性は低いため、小さいお子さんがいても飼いやすい犬種です。元々賢いので、きちんと訓練すれば飼い主の命令にも従ってくれます。
献身的で飼い主によく尽くしてくれるので良きパートナーになりますね。ただ好奇心が強いので、時々落ち着きがない行動をすることがあるかもしれません。イングリッシュコッカースパニエルは吠えやすい犬種ではありません。しかし、きちんと訓練しないと無駄吠えが多くなるでしょう。
吠えるときは寂しくて家族の注意を引きたいからかもしれません。危険や不安を感じて吠えることもあります。なぜ吠えるのか原因を見極めるなら、しつけにより静かにさせることができるでしょう。

一緒に生活する中のしつけや注意事項

イングリッシュコッカースパニエルは賢く学習能力も高いので、訓練がしやすい犬種でしょう。ほとんどの犬は上下関係をきちんと理解して服従します。そのためしつけは、飼い主が上であることを分からせてから行う必要がありますね。
イングリッシュコッカースパニエルは食欲が旺盛なので、体重が増加しないように食事量は適度にコントロールすると良いでしょう。

健康・気を付けたい病気

イングリッシュコッカースパニエルの健康や疾患についてご紹介しています。

外耳炎

耳の中の外耳道に炎症が起こる病気になります。

症状

耳垢が匂ったり、ベタベタする症状が現れます。痒みがあるので頭をよく振るかもしれません。

対策・予防

垂れ耳なので外耳炎を発症しやすいでしょう。定期的な耳ケアで異常がないかを観察します。ダニが原因となることもあるので、その場合は洗浄剤で耳を清潔にし、抗ダニ薬を塗布します。

突発性てんかん

神経細胞で発せられる異常な信号により、体をコントロールすることができずにけいれんを起こします。

症状

口から泡を吹く、よだれを垂らす、失禁などの症状が現れます。

対策・予防

原因が不明のものや、遺伝によるものが多いので予防は難しいでしょう。抗てんかん薬を投与し症状を緩和する治療が行われるかもしれません。

角膜炎

目の角膜に炎症が生じる病気です。

症状

涙目になったり、まばたきの回数が増える。激しい痛みを伴うこともあります。目を頻繁に擦ろうとしているなら角膜炎の可能性があります。

対策・予防

砂ぼこりやシャンプーなどが目に入り、角膜を傷つけることが原因になることがあります。目ヤニを取って目を清潔にしたり、点眼することでも予防できるでしょう。

イングリッシュコッカースパニエルと生活している有名人

高橋克典 陣内孝則
青島健太
その他、芸能人が飼ってる犬のまとめページに一覧が掲載されています。
→犬を飼っている芸能人ランキング

まとめ

イングリッシュコッカースパニエルに関する情報でした。

愛嬌がありフレンドリーで、社交的な性格で、家族への忠誠心もある犬種です。
元々猟犬だったので十分な運動を必要とします。定期的にドッグランで走らせてあげましょう。散歩は毎日朝と夕の2回、1時間ずつかけてあげると満足してくれます。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • トイプードル

  • ポリッシュローランドシープドッグ

  • ミディアムプードル

  • カニンヘンダックス

  • アメリカンピットブルテリア

  • 豆柴