1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. フレンチブルドッグ
スポンサーリンク

フレンチブルドッグ

犬種一覧 この記事は約 5 分で読めます。

フレンチブルドッグについてのまとめページです。
好奇心旺盛で誰とでもすぐに仲良くなれるので初めて犬を飼う人にもおすすめです。
寒暖差に弱いため適温に保って飼育しましょう。

英語表記 French Bulldog
原産国 フランス
平均体重 10kg前後
平均体高 26cm~31cm
体型 中型
色の種類 フォーン、ブリンドル、パイド、クリーム

 

犬ラブYouTubeチャンネル

性格・魅力

フレンチブルドッグは遊びが大好きで好奇心旺盛な性格をしています。
見た目は顔にしわが寄っていて困り顔ですが、性格は全く違って愛情深く、思慮深いのが特徴です。

明るく遊びが大好きな面と、物静かで飼い主の話を黙ってじっと聞ける面どちらも持っていて、家庭でも非常に飼いやすいのが特徴です。
平和的ですぐに家族の人と仲良くなれるでしょう。

耳はコウモリのように立っていて困ったような顔は、まるで小さいおじさんのような顔でそこが魅力的です。
一人で何かを見つけて喜ぶ仕草やその行動は見る人を楽しませてくれます。

飼い主に抱かれたり、遊んでもらったりすることが大好きなのでいつも一緒に犬と生活できるのも魅力の一つでしょう。

短毛なので手入れもそこまで難しくなく、初めて犬を飼う人にも向いている犬種です。

 

歴史・起源

フレンチブルドッグはローマ帝国時代のモロシア犬が祖先だったという説と、フランスのマスチフ系の闘犬だったという説がありはっきりとは分かっていませんが、故郷のフランスでは後者が支持されているようです。

闘犬の気質に陽気なパグなどの犬種を交配させて家庭でも飼えるようにしたのが今のフレンチブルドッグになります。
現在ではランキングの上位になるほどの人気ぶりです。

 

外観・お手入れ

フレンチブルドッグはバットイヤーと呼ばれる三角形の耳をしており、つぶれた鼻とやや出気味の大きい目が特徴です。
体は大きくありませんが筋肉質でしっかりとした体格を持っており、足は短めで重心が低くドシッとした印象を持ちます。

全身の被毛は短毛で、口元は上唇の皮膚が垂れているのが怒っているように見えます。
尻尾は短くねじれているのが特徴です。

短毛なのでカットを行わなくても良いですがその分抜け毛があるため、抜け毛の除去のためにもこまめにラバーブラシでブラッシングをしてあげると良いでしょう。

また顔のしわに汚れがたまりやすいのでしっかりとタオルで拭いてください。
目が出ていて涙やけを起こしやすいですから、涙が出ている部分はしっかりとぬぐってあげましょう。

 

運動・散歩

フレンチブルドッグはガニ股で足に負担がかかりやすい犬種ですから長い間の散歩は必要ありません。
1日に20分程度ゆったりと外に散歩をしに行くくらいでじゅうぶんです。

外に行かなくても室内で運動は可能な犬ですが、外の空気を吸って色々なものを見て刺激を与える事が大切です。

真夏の暑い日はあまり無理をする必要はありませんが、外に出たがるのであれば夜や早朝など涼しい時に散歩させてください。

 

気質

穏やかな気質をしており、誰とでも仲良くなれるのが特徴です。
明るい反面慎重な性格も持ち合わせているため、あまりそこが表に出ると頑固さも出てきます。

しつけをする際には可愛がる時と毅然とした態度で駄目という時のメリハリをつけてしつけましょう。

好奇心旺盛な気質で室内のゲームを好むので、コミュニケーションをとりながらしっかりと遊んであげると満足度が高まります。

フレンチブルドッグは家族とはすぐに打ち解けますが、それいがいの人には慎重な面があるためすぐには心を開きません。

しかしそこで警戒心や攻撃性を見せて吠えるという事はほとんどありません。
また無駄吠えする犬種でもありませんのでマンション等共同住宅でも飼うことは可能です。

神経質な犬種ではないため何かにつけて吠えるという事がなく、都市部で人気なのはそんな理由からでもあります。

 

一緒に生活する中のしつけや注意事項

フレンチブルドッグは遊びが好きな犬ですが、短吻種なため運動をするとすぐにゼイゼイという呼吸をしますのであまり激しい運動は避けましょう。
また暑さにも寒さにもどちらにも弱い体質なので、室内は適温を保つ必要があります。

夏の散歩は涼しい時に、そして寒い季節の時には上から服を着せるなどの工夫がいります。
皮膚炎を予防するためにも顔のしわはこまめに拭きましょう。

 

健康・気を付けたい病気

フレンチブルドッグについての疾患や症状についてご紹介しています。

 

熱中症

高温多湿の気温に順応できず、体温調節がうまくいかないことから内臓の機能が鈍くなります。

フレンチブルドッグのような短吻種は呼吸器が短いため体温調節がしにくい犬種です。
放置すると命の危険も出てきます。

症状

呼吸が荒い。
下痢や嘔吐を繰り返す。

対策・予防

夏に留守番をさせるときにはエアコンを切って出かけることはしないようにしてください。
夏のアスファルトはかなり温度が高いので土の上で散歩をさせたり、涼しい時間帯に散歩をさせましょう。

 

皮膚病

顔にしわがあるのでそこに汚れがたまり皮膚炎を発症することがあります。
また体高が低いためダニや接触による皮膚炎もあります。

お腹や顔回りの皮膚のぶつぶつや赤みが出たら皮膚炎の可能性があります。

症状

皮膚がぶつぶつしている。
ただれたりその部分をかゆがったりする。

対策・予防

皮膚の汚れをしっかりと取るように心がけましょう。
草むらに行って接触アレルギーにならないようにしてください。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • ペキニーズ

  • ノーフォークテリア

  • コーイケルホンディエ

  • アイリッシュウルフハウンド

  • プチブラバンソン

  • オールドイングリッシュシープドッグ