1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. プチバセットグリフォンバンデーン
スポンサーリンク

プチバセットグリフォンバンデーン

犬種一覧 この記事は約 5 分で読めます。

プチバセットグリフォンバンデーンについてのまとめページです。
常に動くことが好きでじっとしていないイメージがある犬種です。
猟犬だったこともあり吠えやすいためしっかりしつけが必要です。

英語表記 Petit Basset Griffon Vendeen
原産国 フランス
平均体重 11kg~16kg
平均体高 34cm~38cm
体型 中型
色の種類 ブラック&ホワイト、ブラック&タン、ホワイト&オレンジ、トライカラーなど

 

犬ラブYouTubeチャンネル

性格・魅力

プチバセットグリフォンバンデーンはマイペースな性格をしており、陽気で明るく飼い主の事を思いやる優しい性格をしています。
いつも何か楽しいことはないかな、と思って探求することが大好きです。

遊び好きなので他の犬や子供と一緒に1日中だって遊んでいられます。
動くことが好きな犬なので、小さい子供の様にじっとしていない印象を受ける事があるでしょう。

クリクリの毛に覆われており、すばしっこくクルクルと動く姿が愛らしくそこが魅力でもあります。

1日中だってずっと動いていられる体力があるので、テンションが高くゆったりと家でくつろぐのではなく、アクティブに犬との生活をしたい人に向いています。

外に散歩に行く時間が取れる人なら毎日楽しい生活が送れるでしょう。

 

歴史・起源

プチバセットグリフォンバンデーンは16世紀ごろには存在しており、バンデーン地方の荒れた土地でも猟犬として活躍できるように強い足腰と剛毛が発達しています。

バセットハウンドとの交配でできた犬ですので、少し似ていますが俊敏さはこちらのプチバセの方がはるかに能力は高いです。

ラージタイプとプチタイプが存在していましたが、同じ種類として交配させて今の姿になっています。

 

外観・お手入れ

プチバセットグリフォンバンデーンの体長よりも体高の方が長く、猟犬さながらのしっかりとした四肢を持っています。
足腰は安定力抜群で強いのですが、決して足が長いほうではありませんのでヘルニアなどの病気に気を付ける必要があります

被毛は粗く剛毛でバンデーン地方のイバラのトゲに耐えられる硬い毛があります。
大きいたれ耳がチャーミングで、頭は大きめ、マズルも大きめです。

長めの被毛を持っていて下毛があるダブルコートです。
できるなら毎日でも良いですが、最低でも週3回ほどはブラッシングをし抜け毛をしっかりと取り除きましょう。

また毛が絡みやすいのでシャンプーは定期的に行ってあげると臭いも出にくいです。
ただ放置してもそこまで毛が伸びていかない犬種ですので、トリミングは特に行わなくても大丈夫です。

 

運動・散歩

プチバセットグリフォンバンデーンは猟犬ですので1日中狩場にいても疲れを知らない骨格を持った犬です。
子犬のころは特に活発ですからしっかりと運動をさせる必要があります。

散歩は1日に2回は行い30分以上はかけたほうが良いです。
ただ歩かせるというよりも走らせたり遊びを取り入れる、またドッグランでストレスを発散させましょう。

 

気質

猟犬気質なので独立心があり、常に動いていたいという気質があります。
獲物の臭いをかいだり、穴を掘るなど猟犬としての行動をとりがちです。

小さい時からしっかりとしつけて飼い主に合わせる犬でないと、後々頑固な面が表に出てその頑固さがいう事を聞かないという形で出てしまいます。

また警戒心が強いので来客に吠えることもあります。
プチバセは吠える犬種です。

猟犬なので何かあったよ、というお知らせで吠える場合もあるでしょう。
しかし運動をあまりさせていないことでストレスがたまり、それが無駄吠えになりやすい犬種なので気を付けてください。

また警戒心が強く家族を守ろうとして他の人に吠えてしまう事もあります。
もし外で飼うのであれば柵やケージを付けておきましょう。

 

一緒に生活する中のしつけや注意事項

プチバセットグリフォンバンデーンは精神面が強く常に前向きな犬なので、少々叱られてもへこたれません。
ですから扱いずらい犬になってしまわないように根気よくトレーニングを重ね、頑固な面が悪く出ないようにしましょう。

それにはストレスを溜めないよう、しっかりと遊んで運動をさせる事が何よりも大切です。
年を取ってからよりも若いうちからしつけるのがコツです。

 

健康・気を付けたい病気

プチバセットグリフォンバンデーンの疾患や症状についてご紹介しています。
 

外耳炎

音の通り道である外耳道に炎症が起きてしまう病気で、たれ耳の犬に多いのが特徴です。
放置すれば耳道が狭くなるだけでなく鼓膜が破れてしまう事もあるので注意しましょう。

症状

においのある耳垢が出る。
頭を振ったり耳を触ろうとする。

対策・予防

特に梅雨時期は湿気がこもりやすいので、こまめに耳掃除をしてあげる必要があります。
耳が腫れていないか、黒ずみがないかなど定期的にチェックしかゆがっていたらすぐに病院に行きましょう。

 

椎間板ヘルニア

プチバセは胴長なのでヘルニアになりやすい犬種です。
ヘルニアは腰を支える椎間板が損傷することで起きる病気です。
ひどくなると足がしびれて歩けなくなったりします。

症状

歩き方に変化がみられる。
足を引きずったり、立ち上がるときに中々立てないなどの症状が出る。

対策・予防

活発的な犬なので、年を取るにつれて症状が出やすいです。
軽度であれば薬物治療ができるので早期発見というのが一番大切です。
ひどければ手術をする必要があります。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • シャーペイ

  • ボストンテリア

  • バーニーズマウンテンドッグ

  • シーリハムテリア

  • キースホンド

  • ブリタニースパニエル