1. TOP
  2. 栄養
  3. 肉類メインのドックフードの特徴
スポンサーリンク

肉類メインのドックフードの特徴

栄養 この記事は約 5 分で読めます。

長年に渡ってドッグフードの原材料は安価な穀類が当然とされていましたが、最近海外製品を中心に肉をメインに配合した高品質なドッグフードが増えています。

これらの製品はアレルギーに配慮し、単一素材原材料を調整し、愛犬の健康を第一に考え製造されています。

犬ラブYouTubeチャンネル

肉類メインのドッグフードとは?

肉食の犬の食事に肉が配合されているのは当たり前と飼い主は考えますが、実際に市販されている製品はそのような考えとはまるで違っています。

これまで数十年に渡り市販されているドッグフードの大半は、トウモロコシや大豆といった穀類から人間の可食部位を取り除いた部分を粉砕した物を原材料として配合しています。

これらの粉砕した穀物はアレルギーなど様々な不調をもたらす事が明確になり、愛犬の食事をより安全、安心で犬本来の食性に基づいたものに改善しようという取り組みの中で、肉類をメインに配合した製品が誕生しました。

肉類がメインのドックフードンの特徴

肉類をメインに配合するという事は、当然原材料コストが高騰し高額な設定になります。
でもドッグフードの価格を30日間、一日2食で換算してみると意外にも一食あたりは数百円程です。
さほど高額ではないと感じられるでしょう。

肉類をメインにしたドッグフードには

穀物を一切配合しない製品
肉類の配合比率を高めた製品

 

があります。

これまで国内でプレミアムドッグフードと呼ばれ、有名ペットショップで大々的に取り扱いがされてきた製品は、肉類の配合比率が15~18%ほどでした。

肉類の配合比率が良い

残りの部分は穀物で補われていましたが、最近は新たな製法も確立され穀物を配合しなくても粒を凝固させる事が出来るようになり、肉類の配合比率を30~50%と驚くほど高比率にもした製品も誕生しています。

中には肉類と野菜だけで製造されて製品もあり、益々犬本来の食性に近づいた生活が出来るように取り組みが進んでいます。

肉類メインのドッグフードの中には、アレルギー対応用に単一種の動物性タンパク質に限定した製品が多く、持病がある場合も安心して与える事が出来ます。

肉類メインのドッグフードを与えるメリット

肉類メインのドッグフードを与える最大のメリットは、高い栄養価と犬本来の食性に合致している事で、

内臓機能に余計な負担を掛けずに済む事
様々な健康不良を回避する事が出来る事

 

などです。

犬は本来雑食系肉食の動物です。
犬やオオカミが野生で生活をし、本来の食性に基づいた食事をしているときは、摂取する穀物の量はごく僅かです。

獲物として草食動物を捕獲した時に、その草食動物の内臓内に残された消化途中の穀物を内臓ごと食べる事で、間接的に接取します。

この内臓内の穀物はすでにある程度の消化吸収が進んだ状態であって、犬の体内にビタミンやミネラルなどの栄養をもたらしてくれます。

動物性たんぱく質のメリット

もちろん獲物そのものから接取する栄養素は動物性タンパク質がメインです。
ドッグフードの場合、穀物であるトウモロコシや大豆が加熱処理はされているものの、未消化の状態で配合されているので、犬は体内に取り込み、一から自力で消化吸収を始めなければなりません。

犬の内臓はこのように穀物を一から消化吸収するような構造が整っていないので、内臓機能には負担がかかり、未消化のまま排泄されます

このような内臓機能の負担は長年続ける事で、次第に愛犬に負担をかけシニア期を迎えるころには内臓機能は疲れ切ってしまった状態になります。

この負担の軽減という意味では本来犬がスムーズに消化吸収出来る肉をメインに配合したドッグフードはとても体に優しい食事といえるでしょう。

肉類メインのドッグフードを与え始める時

肉類をメインとするドッグフードを与える場合、中には与え始めてから数日間は下痢や軟便の症状を起こす事があります。
体調によっては病的でないまでも軟便が続く、便の量が増えたという変化も見られます。

便秘や軟便が数日で収まる場合は一過性の症状であり問題はないでしょう。

国内のドックフードには穀類が入っている事が多い

実は、国内で一般的に市販されているドッグフードにはほぼすべて穀類が配合されています

この穀類はすでに人間の可食部位を取り除いた後なので栄養素はほぼ残っていない状態で、食事として接取しても愛犬の体内を通りすぎるにすぎません。
通りすぎる過程で腸内の宿便から水分を吸収し、便が排泄される時に便を硬く凝固させます。

肉類メインのドックフードは便が固くなりにくい

しかし肉類メインのドッグフードや穀物不使用のドッグフードの場合、この水分吸収の役目を果たす成分の量が少ないので便がやわらかい状態で排出されます。

この変化は、愛犬の健康状態が改善され、体質改善が進んでいる過程であると考えて問題はありません。
健康な犬の便は柔らかく、バナナのように一本につながった形状をしているのです。

まとめ

愛犬の健康や小型犬の偏食、アレルギー対策にと考え、ドッグフードを選ぶ時は、ぜひ肉をメインに配合した製品を選んであげましょう。

若く健康なうちから内臓機能に負担を掛けずに生活が出来ていれば、将来きっと愛犬の健康に結果が反映されるでしょう。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 魚類メインのドッグフードの特徴

  • セミモイストタイプの特徴

  • ウエットタイプの特徴

  • ドックフードの切り替え方

関連記事

  • ペットフードガイドラインとは?

  • 格安ドックフードの特徴と成分について考える

  • 魚類メインのドッグフードの特徴

  • 太めの犬にあげたい。ダイエットドックフードの特徴と選び方

  • ドライタイプの特徴

  • ドックフードの選び方とよく起こるアレルギー症状