1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. グレートピレニーズ
スポンサーリンク

グレートピレニーズ

犬種一覧 この記事は約 6 分で読めます。

グレートピレニーズについてのまとめページです。
おとなしい性格ですがしっかり主人を見極めるため、信頼されなければ言う事を聞いてくれない場合があります。

英語表記 Great Pyrenees
原産国 フランス
平均体重 50kg~60kg
平均体高 65cm~81cm
体型 大型
色の種類 ホワイトにグレーやイエロー、オレンジなどの斑点が頭部にあるのが好ましい
犬ラブYouTubeチャンネル

性格・魅力

グレートピレニーズの外見はおっとりとしていて優しく見えますが、それは信頼した飼い主にだけです。忠誠心があり家族を守ろうとする性格ですが、知らない人には警戒心が強く出ます。基本はおとなしく従順ですが、犬の方が信頼のおける飼い主を選ぶという面があります。その点から犬を飼うことが初めての人は中々難しいでしょう。見透かされてしまわないよう、しっかりと威厳を保っておかなければなりません。

魅力ポイント
むくっとしており、分厚い被毛に覆われた大きいぬいぐるみのような姿が魅力的です。
飼い主にはしっかりと忠誠をつくし見知らぬ人には警戒心が強く出るため番犬として迎え入れるにはうってつけです。山で羊飼いのサポートとして人と一緒に暮らしてきたので体力もあります。一緒にアウトドアをしたいという人にも最適の犬種です。

歴史・起源

グレートピレニーズはヨーロッパの山岳地帯で牧羊犬として活躍する犬の中の一つです。最初の祖先はチベタンマスティフ系の大型犬で、家畜を守るため熊やイノシシと互角に戦ってきた番犬です。
しかし野生動物が減り、牧羊犬としての仕事から家庭犬として迎え入れるため強い警戒心を取り除く繁殖が行われるようになりました。基本は白の毛色ですが、交配が進むにつれて頭部にイエローやオレンジなどが入るようになりました。

外観・お手入れ

グレートピレニーズは全体的にがっちりとした骨格を持っており、迫力がありますが意外と俊敏な動きができます。
大きな頭にたれ耳、体高よりも体長の方が長いのが特徴です。また寒い地方で生まれたので、厳しい寒さに耐えられる分厚い被毛を持っています。その被毛は寒さだけでなく雨や雪もはじく撥水性も備えています。
急斜面の山道でも問題なく歩ける脚力を持っています。グレートピレニーズは大型犬で体が大きいだけでなく、ダブルコートなので普段の時から下毛の抜け毛が多いのが特徴です。換毛期の抜け毛はかなり多いのでそれだけのケアが必要になります。
ですから年中毎日ブラッシングをする覚悟がいるでしょう。またよだれをたらしたり、水を飲む際に口の周りの毛が汚れやすくなるので、しっかりケアをして清潔を心掛けましょう。

運動・散歩

グレートピレニーズは性格的に体を動かすのが好きな犬種ではありますが、日本で飼う時に気を付けなければならないのが気温です。高温多湿になる梅雨時や夏はあまり長い時間の散歩は体を壊してしまいます。
暑い時には散歩は30分くらいにしておいて、室内でたっぷり運動をさせましょう。逆に冬はグレートピレニーズにとっては動きやすい季節なので、1時間程度の散歩をさせると良いでしょう。

気質

グレートピレニーズは頑固な面と独立心があり、飼い主と信頼関係を結べなかった場合、手に負えない犬になることもあります。
とはいえ家族と絆が深まれば、しっかりと家を守る番犬になります。自分で判断する能力があるので、単独行動を起こしがち。リードをしっかりと付けておかないと、どこかへ行ってしまい事故になる可能性もあるので気を付けてください。
番犬の気質から警戒心が強く吠えます。また頑固なのできちんとしつけられなかった場合、所かまわず無駄吠えをする犬になりやすい気難しい面があります。飼い主も威厳をもって教育することで信頼関係ができるので、吠えさせないためにもしつけはきっちり行ってください。洞察力もあり賢いので子犬からコントロールしておくと良いです。

一緒に生活する中のしつけや注意事項

グレートピレニーズは広い山岳地域を自分の判断で行動しなければならなかったため、独立心があります。
飼い主が毅然としつけを行う力がないと全部マイルールで動いてしまう勝手気ままな犬になってしまいます。
またきちんとケアをしなかったり食事が適当だったりすると、それを見透かして飼い主を下に見る傾向にあります。そうなると問題行動を起こすので気を付けてください。

健康・気を付けたい病気

グレートピレニーズについての疾患や症状についてまとめてみました。

骨肉腫

骨肉腫とは骨にできるがんのことです。痛みを伴いがんなので、もちろん肺などに転移します。老犬になるにつれ発症しやすくなります。

症状

足を痛がる。足をかばって歩いたり、引きずるしぐさが見られる。

対策・予防

がんが見つかれば、足の切除をするのが一般的です。その後抗がん剤で転移を予防する治療が行われます。早期発見がカギなので、普段から犬をよく観察しておきましょう。

膝蓋骨脱臼

ひざのお皿の部分の骨が正常の位置からずれてしまう病気。病気の程度によって症状の出方が違います。

症状

足を痛がったり歩きずらそうである。歩き方がおかしい。

対策・予防

飛び跳ねさせたりすることは足に負担がかかるので、室内であればマットを敷くなどの対策をとりましょう。病院ではずれた骨を正しい位置に戻す外科手術が行われることが多いでしょう。稀に手術ができない場合があるため、早期発見が大切です。

グレートピレニーズと生活している有名人

プリンセス天功 榎本加奈子
鈴井貴之
その他、芸能人が飼ってる犬のまとめページに一覧が掲載されています。
→犬を飼っている芸能人ランキング

まとめ

グレートピレニーズに関する情報でした。

外見はおっとりとしていて優しく見えますが、それは信頼した飼い主にだけです。
知らない人には警戒心が強く出るため番犬にはピッタリです。分厚い毛に覆われているため大きいぬいぐるみのようで非常にかわいい外見ですが、換毛期の抜け毛はかなり多いので頻繁にブラッシングする必要があります。散歩は暑い夏は30分程度、寒い冬は体が動きやすい季節なので1時間程度つれていってください。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • ノーリッチテリア

  • プチバセットグリフォンバンデーン

  • アイリッシュウルフハウンド

  • アメリカンコッカースパニエル

  • プチブラバンソン

  • ミニチュアブルテリア