1. TOP
  2. 犬種一覧
  3. チワワ
スポンサーリンク

チワワ

犬種一覧 この記事は約 5 分で読めます。

チワワについてのまとめページです。
初めて犬を飼育する方にもおすすめです。
ただし、よく吠えやすくて怪我をしやすい面があるため注意しましょう。

英語表記 Chihuahua
原産国 メキシコ
平均体重 500g~3kg
平均体高 18cm前後
体型 超小型
色の種類 ブラック、ゴールドなどの単色の他、ブラック&タン、フォーン&ホワイト、レッド&ホワイトなどの組み合わせカラーもある

 

犬ラブYouTubeチャンネル

性格・魅力

チワワの可愛らしい見た目とは裏腹に、主人と決めた人にしかなつかない性格を持っています。
また勇敢で強気なところもありますが、その反面怖がりな一面もあります。

特に子犬の頃は、内気で怖がりな性格が前面に出るでしょう。

小さい顔に大きい目がチワワの魅力です。
その目にじっと見つめられたら、虜になってしまう方も多いでしょう。

「アップルヘッド」と呼ばれる丸い頭を持っているのもチワワの特徴です。
飼いやすい犬種なので、初心者でも比較的楽に飼うことができると思います。

 

歴史・起源

世界で最も小さい純血種とされるチワワの祖先は、メキシコのトルテカ族が飼育していた「テチチ」という犬だと言われています。

この「テチチ」と中国の犬との間に誕生した犬がチワワだという説が有力ですが、正確なことはわかっていません。

当時から小さい犬でしたがアメリカに渡って改良されたことで、今のサイズのチワワが誕生しました。
名前はメキシコのチワワ市に由来しています。

 

外観・お手入れ

チワワは丸みを帯びた小さい頭の他、尻尾にも特徴があります。
高い位置にある尻尾は、動いている間ずっとクルンとしたカーブを保っていてキュートです。

また顔の割に大きい目と耳も特徴的です。
基本的に毛量が少ないので、ブラッシングは毎日毛並みに沿って優しくとかすくらいで大丈夫です。

シャンプーは月に1~2回くらいのペースが良いでしょう。
特にこだわりやカットの必要性がなければ小さいので自宅でも簡単にシャンプーできます。

毛がパサついたりべたついたりした頃を目安にすると良いでしょう。

 

運動・散歩

チワワは中型や大型の犬と比較すると少ない運動量で済むのですが、運動が好きなので最低でも1日に1回は散歩に連れて行きましょう。

時間は15分程度が理想的です。
可能ならば15分程の散歩を2回行ってください。

しかしその子によって体力に差があるので、散歩中によく立ち止まったり動きたがらなかったりするようであれば時間を短くしましょう。

寒さに弱いため、冬は室内での運動時間を多くすることをおすすめします。

 

気質

チワワは勇敢で大きい犬にも立ち向かっていくところがあります。
一方でビビリな面もあるので、向こうから寄ってこられると腰が引けることもあるでしょう。

飼い主には忠実で、甘えたがりです。
ただ家族であっても、自分が飼い主と認めた人だけに愛嬌を振りまく傾向があります。

かつては吠えない犬として有名だった頃もあるようですが、現在のチワワはよく吠えると認識しておきましょう。

吠えやすい犬のトップ10には必ずこの犬種が入っています。
家族以外の人や大きい犬などには特に吠えやすいです。

 

一緒に生活する中のしつけや注意事項

チワワは独立心が強いため、他の犬と一緒に飼うのはあまり向いていません。
しかし子犬のときから色々な人や犬と会わせれば、社会性が身に付きフレンドリーになると思います。

とても頭が良いので、しつけは楽にできるでしょう。

ただ身体が小さいゆえに、健康面での不安がつきまといます。
特に骨折などのケガをしやすいので、激しい運動や高いところからのジャンプには気をつけましょう。

低い段差であっても注意が必要です。

 

健康・気を付けたい病気

チワワについての病気や症状についてご紹介しています。

 

膝蓋骨脱臼

膝の皿が太ももの骨からずれ、内側や外側に向いてしまいます。
チワワは膝の皿が完全に外れるのではなく、不完全に外れる亜脱臼という状態になることが多いようです。

症状

4つの段階に分かれ、初期の段階では自力で元の位置に戻すことができます。
症状が重くなるとずれた状態から元に戻らなくなります。

触られることを嫌がったり歩くときに足を引きずったりするようであれば注意しましょう。

対策・予防

チワワの場合は遺伝的なものが大きいと言われており、その場合予防の方法はありません。
しかし骨や関節に衝撃を与えないように注意すれば、後天的なリスクは減らすことができるでしょう。

また栄養障害が原因のこともあるため、栄養バランスのとれたフードを食べさせることも大切です。

 

水頭症

頭の中に水が溜まり、脳室が広がってしまう病気です。
周りの神経にも影響を及ぼすため、様々な症状が表れます。

先天性と後天性がありますが、チワワの場合は先天性によるものがほとんどです。

症状

元気がなくなり、ボーっとしていることが多くなります。
それとは逆に興奮状態が続いたり攻撃的になったりすることもあります。

頭に水が溜まるために頭部が大きくなったり目が外を向いたりといった外見の変化が見られることもあるようです。

対策・予防

先天性の場合、予防は困難です。
そのため少しでも様子がおかしいことに気がついたら、すぐに診断を受けさせましょう。

後天性の場合は頭部を強く打つことで発症することが多いので、遊んでいるときや散歩中などに頭を強く打つことがないように日頃から注意しましょう。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • 犬の防災・グッズ対策まとめ

  • コロナウイルスは犬に感染する?

  • 犬を飼っている芸能人リストの完全まとめ

  • ワイマラナー

関連記事

  • スキッパーキ

  • 秋田犬

  • トイプードル

  • スタンダードダックス

  • アメリカンピットブルテリア

  • ミニチュアピンシャー