1. TOP
  2. 栄養
  3. 犬が噛まずにドックフードを食べてしまう主な原因と対策

犬が噛まずにドックフードを食べてしまう主な原因と対策

栄養 この記事は約 5 分で読めます。
硬いドライフードをしっかりと噛みしめ食べると歯磨き効果がある、せっかく手間暇をかけて作ったから、高価なトッピングをしたからと愛犬に食事をしっかりと味わってほしいと思う事があるでしょう。

時にはあまりに勢いよく食べてしまう様子に心配さえ感じます。
愛犬が驚くほどの速さで食事をするには、きちんと理由があります

その理由を理解してあげると、愛犬の食事に関するお悩みを解消出来るでしょう。

ドッグフードを噛まずに食べてしまう原因

犬がドッグフードを噛まずに食べてしまう原因は、犬本来の食べ方の習性が関係しています
その習性は犬の祖先であるオオカミに由来し、人間と暮らす事が当たり前となった今でも変化はありません。

野生の環境で食べ物を食べるという行為は、非常に無防備な状態です。
いつ、どこで食べ物を手に入れる事が出来るか予測も出来ないので、食べ物が手に入った時にその場で出来る限り短時間に食べきる事が理想的です。

犬にはゆっくり食べる感覚はない

その為には、ゆっくりと噛み砕き食べている余裕はありません。
短時間で食事を済ませなければ、食事の臭いを嗅ぎつけ他の動物が集まってきたり、仲間同士で食べ物の取り合いも始まるからです。

このような環境下で身に付いた習性は、食べ物をまずは一気に丸呑みします。
その後、安全な場所へ移動しつつ、ゆっくりと消化をします。

口に入りきらないほどに大きな食べ物であれば、犬歯を使い引きちぎります。
ひっぱり小さくするので、かみ砕くのではありません。

骨などの硬い部位も同様で、かみ砕くのではなく口に入る大きさに調整しているだけです。

この習性によって、ペットとして暮らす環境でも、目の前におかれたドッグフードを一気に丸呑みします。

サークルの中で食事をさせたり、愛犬の食事を誰も邪魔しないように配慮をしても変わりはありません。

満腹中枢は犬にはない

また、犬には満腹中枢という脳の機能がありません。

どんなに大量の食事をした後でも、目の前に食べ物を置かれると一気に完食します
この習性も野生下での厳しい食糧事情が関係しています。

せっかく獲物が手に入ったにも関わらず、満腹感を脳が意識してしまうと、食欲が湧きません。
でも次はいつ食事が出来るかわからない以上、目の前にある食べ物を無駄にすべきではありません。

その結果、脳の満腹中枢をもたない事で、いつでも空腹感を保っていられるのです。

愛犬が驚くほどの勢いで食事をするのは、愛犬が空腹感を感じているからです。

噛まずに食べてしまうと虫歯になる?

ドライフードを与える理由に虫歯予防をあげる方がいます。

ドッグフードメーカーの中には大粒の硬いドッグフードをしっかりと噛み砕き食べる事で、歯の表面についた歯石や歯垢が削り取られ、歯磨き効果があるとアピールする製品もあります。

犬には飼い主やメーカーのこのような意図は理解出来ません。

粒が大きく食べにくいと感じつつも丸呑みする事でしょう。
中には、あまりに粒が大きく飲み込む事が出来ないのでやむを得ず噛み砕く場合もありますが、すべての粒を噛み砕くほどではないでしょう。

噛みくだかなければ飲み込めない程の粒の形状であれば、飲み込んだ後の消化吸収にもそれなりの負担を伴います。

ドックフードは胃の中で膨れ上がる

ドライフードは胃の中で水分を吸収すると一気に3倍ほどの容量に膨れ上がります。
大粒のドッグフードが数倍に膨れ上がった状態を考えると、愛犬の胃の不快感を想像出来るでしょう。

つまり、硬いドッグフードを食べたから歯が綺麗でいられるわけではありません。

犬は本来自分の唾液で歯の表面に着いた汚れを洗い流し、歯を清潔に保つ事が出来ます。
しかし、粘着性の高い成分や添加物、保存料は唾液の洗浄効果では十分に落としきれず、歯の表面に残留してしまいます。

その結果、虫歯になるのです。
愛犬の歯の健康を考えるのであれば、粒の大きなドッグフードを無理に食べさせるのではなく、添加物など不要な成分の配合されていない良質なドッグフードを選んであげましょう。

噛まずに食べてしまうから危険な事もある

愛犬の歯磨きの為にと考え、大粒のドッグフードを与えていても、中には飼い主の意に反して丸呑みをしてしまう犬もいます。

特にフレンチブルドッグやパグ、シーズーなど口角が広い犬は要注意です。
このような犬種は大抵の物は口の中に納まるので、大粒のドッグフードも気にせず丸呑みしてしまいます。

その結果、喉に詰まる、嘔吐する、下痢をするというトラブルを引き起こすことがあり、大変危険です。

特に飼い主が不在中の食事や飼い主の目が届かないタイミングでは処置が遅れる事もあります。
愛犬の食事は愛犬のサイズにあった粒の形状を選び、犬本来の食性に見合わない物を選ぶ事の無いように注意してあげましょう。

まとめ

愛犬の歯に関するトラブルが急増する中で、手軽に歯磨き効果が期待出来るドライフードの情報は一気に広まりました。

しかし犬には犬本来の習性がある事を十分に理解してあげる事を忘れないでいてあげましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

犬と幸せに暮らすための情報サイト【犬ラブ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
犬ラブYouTubeチャンネル

この人が書いた記事

  • トイレをしたくなるサイン

  • トイレの失敗した時の対処法

  • トイレのしつけは何故必要か

  • トイレのしつけ方法とご褒美のあげ方

関連記事

  • ドックフードの危険着色料の名称と影響

  • プレミアムドックフードっていったい何?

  • 肉類メインのドックフードの特徴

  • 複数のドックフードをローテーション制にして大丈夫?

  • ドックフードの危険な甘味の名前と影響

  • 犬とカルシウムの関係性